ここから本文です

「ポケモンGO」の成功で、期待に胸膨らますAR業界

JBpress 7/15(金) 6:15配信

 このほど米国のセンサータワーというモバイルアプリのマーケティング調査会社が公表したリポートによると、先週米国などで先行配信が始まったモバイルゲームアプリ「ポケモンGO」は、そのダウンロード件数がすでに1500万件に達しており、驚異的な成功を収めているという。

■ 利用時間でFBやツイッターのアプリ上回る

 ポケモンGOの配信が始まったのは7月6日。その5日後の7月11日に、iPhoneユーザーの利用実態を調べたところ、ポケモンGOの1日当たり平均利用時間は約33分となり、ほかの人気アプリを上回った。

 例えば同日におけるフェイスブックのiPhone向けアプリの1日当たり平均利用時間は約22分。フォトメッセージングサービス、スナップチャットの1日当たり平均利用時間は約18分、ツイッターも約18分で、写真共有サービスのインスタグラムは約15分だった。

 一方で人気のモバイルゲームである「ゲーム・オブ・ウォー」の平均利用時間は約2時間、「キャンディークラッシュ」は約43分。ポケモンGOは、利用時間のランキングでこれらのゲームを下回ったものの、その出足は非常に好調という。

 「モバイルゲームのファンは、従来からのファンや新たなファンを問わず、この新しいゲームに多くの時間を費やしている」とセンサータワーは指摘している。

 このセンサータワーのリポートについて報じている米テッククランチによると、ポケモンGOのiOS版は、そのアプリ内課金で1日当たり約160万ドル(約1億6700万円)の収益を上げている。

 同じくこのリポートについて伝えている米ベンチャービートによると、ポケモンGOは、先行リリースされた米国、オーストラリア、ニュージーランドですでにダウンロード件数、売上高ともに1位となった。

 モバイルゲームの市場規模は369億ドルと言われるが、今後ポケモンGOのようなアプリが新たな顧客を取り込むことで、その規模はさらに拡大するだろうとベンチャービートは伝えている。

1/2ページ

最終更新:7/15(金) 6:15

JBpress

記事提供社からのご案内(外部サイト)

JBpress PremiumはJBp
ressが提供する有料会員サービスです。
新たな機能や特典を次々ご提供する“進化
するコンテンツ・サービス”を目指します。

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。