ここから本文です

おやつやちょっと一杯など、スタイルいろいろブレイクタイム。

magazineworld 7/27(水) 19:25配信

〔Hanako/Hanacomme ca/New Shop〕WISE OWL HOSTELS TOKYOワイズ アウル ホステルズ トーキョー
快適な眠りをお約束、東京スタイルのホステル。
深夜まで東京を遊び尽くすアクティブ派のためのホステルが、東京駅から徒歩圏内の八丁堀にオープン。男女混合のドミトリーから2名、4名個室まで、すべてにシモンズ製マットレスを備え、短い時間でも快適な眠りにつける。日本全国のダシをテーマにした居酒屋や、寝る前に心地よいサウンド&アルコールでひとときを過ごせるバーもスタンバイ。朝7時スタートの、三軒茶屋「OBSCURA COFFEE ROASTERS」の豆を使用したスペシャルティコーヒーが飲めるスタンドもある。残業や女子会で終電を逃してしまった時にも、覚えておいて損はなし。

中央区八丁堀3-22-9 tel: 03-5541-2960 ドミトリーの料金は、男女混合3600円~、女性限定3800円~、2名1室3800円~ (各1名の料金、税サ込) 。
HIGUMA Doughnutsヒグマ ドーナッツ
ふわっ、もちっ、サクッ! できたてドーナッツの虜。
生地をこねて発酵させ、鍋でひとつひとつ揚げるまですべてが手作業のドーナッツ。色よくふっくらと仕上がったひとつひとつの表情が、ちょっとずつ異なるのはそのため。シンプルなプレーン、揚げパンを彷彿させるシュガー、季節や月替わりで登場する限定グレーズなど、どれもが軽やかな食べ心地だ。
「粉や牛乳など、北海道産の食材のおいしさも知ってもらえたら」と、室蘭出身の店主。8月限定のリモンチェッロは、甘酸っぱくて大人テイストな逸品。

目黒区鷹番2-18-16 tel: 03-6873-8803 10:00~20:00頃まで営業 (売り切れ次第終了) 火休
Quiche Yoroizuka 池袋東武店キッシュ ヨロイヅカ
色とりどりのキッシュで、テーブルが華やかに。
ほろ苦いキャラメルを敷いたキッシュプリン、濃厚なビスクソースがあとをひくエビグラタンなどなど。美味がぎゅっと詰まった、手のひらサイズのキッシュが並ぶ。おやつとしても、ワインのおともにも! 豊島区西池袋1-1-25 東武百貨店池袋店 B1 tel: 03-6914-2533 10:00~21:00 (日祝~20:00) 休みは施設に準ずる

五穀屋 松屋銀座店ごこくや
海外でも話題、モダンな羊羹でティータイム。
古くから日本に伝わる五穀や発酵がテーマの、“からだに美味しい和の知恵菓子”。丸いフォルムの〈五季〉は、リンゴ酢や醤油糀を使った羊羹。表面を楊枝でプチッと弾くと、甘くやわらかな香りに包まれる。酸味や塩気がさっぱりとしたあと味に。中央区銀座3-6-1 松屋銀座B1 tel: 03-3567-1211 (代) 10:00~20:00 不定休

photo: Kayoko Aoki text: Yumiko Ikeda
Hanako1115号「Hanacomme ca」掲載

最終更新:7/27(水) 19:25

magazineworld

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。