ここから本文です

「すごいな! ええ手や!」 井上慶太九段、将棋指導の極意

NHKテキストビュー 7/15(金) 8:00配信

どうしたら子どもは将棋を好きになり、強くなるのか。門下に新鋭の若手棋士を数多く輩出し、指導力の高さに定評のある井上慶太九段。主宰する加古川将棋倶楽部・こども教室の一日を取材すると、その理由が見えてきた。



* * *



「ええ形やな」「ほー、なかなかええ手や」。



教室は主に実戦形式。子どもの棋力ごとに分かれ、手合が付けられる。井上九段は休むことなく声をかけ続ける。まず褒めてから子どもの横に座り、目線を同じ高さにする。



中級クラスの子が、次の手に迷っていた。井上九段が「王手や。どっちかで取るしかないんや」と言うと「どっちか分からん」。しかしそこで正解は示さず「そうね、考えてみようか」。子どもは長考した。井上九段は待つが、子どもは答えが見つからない。そろそろ正解手順を教えるのだろうか? すると、「そうねー、よう考える子は賢いねんな」。じっくり考えること自体を褒める。



子どもが上級者の場合はかける言葉が異なる。指し手のアドバイスはしつつも、「駒台にきれいに駒並べて」。対局終了後には「駒を初型に並べてよー」。今後、大人に交じって将棋の勉強を続ける上級者にとって大事な、対局マナーを教えているのだ。



子どもが初心者・初級者の場合、井上九段はまず、指し手の意味を知ろうとする。「ああそうしたかったんか。なるほどな」。そして、「それならこうする手もあったな」と、あくまで別候補のように最善手を伝える。



人数の都合で手合がつかない子がいた。井上九段は簡単な詰将棋を出す。不正解が続いたが、「あ、そこですかー、こうしたら? な、あかんな。そ、あかんて気づくところがよかったわ」「違うのすぐ分かるから偉い」。ようやく正解にたどりつくとひときわ大きな声で「そうや!」。そして「よしもう1回やってみようか」。正解手順を再び並べさせた。



褒める、待つ、考えさせる、復習させる。これが井上流将棋指導のキーワードである。



■『NHK将棋講座』2016年7月号より

NHK出版

最終更新:7/15(金) 8:01

NHKテキストビュー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

NHKテキストビュー

NHK出版

NHKテレビ・ラジオ番組の
各種テキスト 好評発売中!

料理・健康から生活情報まで、暮らしに役立つ
確かな情報満載のNHKテキストから、
選りすぐりのトピックスをお届けする情報サイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。