ここから本文です

スーツ、かつ丼、風俗!? 男たちの「ジンクス」を調査

R25 7/16(土) 7:00配信

名将・野村克也監督は「連勝が続いているうちはパンツを替えない」というゲンかつぎで知られている。また、経営者や政治家でも、「パワータイ」などのジンクスを信じる人は多いという。

では、一般ビジネスマンはどれぐらい「ジンクスやゲンかつぎ」を信じているのか? 20~30代男性会社員200人に、アンケート調査してみた(R25調べ/協力:アイリサーチ)。

〈仕事に関してジンクスやゲンかつぎを持っている?〉

・持っている 16.5%
・持っていない 83.5%

〈それはどんなジンクスやゲンかつぎ?〉

「勝負の時にはかつ丼」(23歳)
「悪い夢を見ると、仕事がうまくいく」(31歳)
「エッチをする」(34歳)
「風俗に行く」(36歳)
「仕事の前に熱いコーヒーを飲む」(30歳)
「勝負スーツを着る」(25歳)
「仕事に出かけるときに仏壇にお辞儀をする」(28歳)
「何でも右から始めている」(28歳)
「きれいなボールペンを使う」(35歳)

仕事に関するゲンかつぎをしている人は、約6人に1人。意外と少ない印象だ。ただ、持っている人に聞いたジンクスは、食べ物から夢まで幅広く、なぜそうすることにしたか、きっかけも気になるところ。

では、スポーツ観戦やギャンブルなど、“仕事以外”の勝負事ではどう!?

〈恋愛、スポーツ観戦、ギャンブルなどオフシーンのジンクスやゲンかつぎを持っている?〉

・持っている 12.5%
・持っていない 87.5%

〈それはどんなジンクスやゲンかつぎ?〉

【恋愛】「告白前は神社に参拝する」(28歳)
【恋愛】「連絡をあえてとらない様にしています」(38歳)
【スポーツ】「少しでも応援が伝わればと、特定の食べ物を摂るなどでリズムをつける」(27歳)
【ギャンブル】「オッズなどではなくパッとの印象で決める」(22歳)
【その他】「風俗に行く」(36歳)

仕事でも仕事以外でも、「風俗に行く」と答えている人がいるが、それってジンクスというよりただ好きなだけでは…?

また、ジンクスやゲンかつぎを持っていないという人からは、

「そういうのを作るとやらなかったときに気持ち悪くなるので作らないようにしている」(27歳)
「こだわりすぎるとかえってドツボにはまる」(39歳)
「あまり気にしない方がうまくいくと思うから」(26歳)
「ジンクスを持ってしまうとそれをしないと気が済まなくなり、かえって仕事に集中できなそう」(34歳)

など、「ないほうがいい」といった意見も寄せられた。こだわりすぎるとかえって“いざ”というときにうまくいかないこともありそうだ。

さて、あなたはどっち?
(梵 将大)
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:7/16(土) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

なぜ今? 首相主導の働き方改革