ここから本文です

おふくろの味「みそ」はおしゃれメニューにも使える!

東京ウォーカー 7/16(土) 6:00配信

大豆から蒸して、自家製を作る人も増えてきた「みそ」。室町時代から全国で作られており、今も地域や家庭によりさまざまな種類のみそが作られ、食べられている。

みそだれとチーズを8時間以上漬ければ「みそチーズ」の出来上がり!

近ごろ話題の「発酵食品」の代表選手でもあり、「古いことわざに『医者に金払うより、みそ屋に払え』とあるくらい、健康にいいんですよ!」と説くのは料理研究家・栄養士の青木敦子さん。糖尿病などの予防効果や、コレステロール抑制に効果が期待できるとされており、生活習慣病の強い味方ともいわれているという。

「でもこれらの効果は、50℃以下じゃないと生かされないんです。おみそ汁には、火を止めてからみそを溶き入れるが基本。これは香りが飛んでしまうのを防ぐためでもあります」と青木さん。「小学生時代に調理の授業で習ったわー」と懐かしく思い出す大人世代も多いだろう。

イマドキのアレンジとしては「みそ+チーズ」もおすすめだそう。「同じ発酵食品のチーズとみそは相性がよく、塩分の少ないチーズにつけて食べると、チーズが少し甘く感じられます」(青木さん)。例えばこんなレシピはいかが?

■みその実力を堪能!【クリームチーズのみそ漬け】レシピ

<材料>(作りやすい分量) クリームチーズ18g×4個、プロセスチーズ20g×4個、みそだれ(みそ65g、プレーンヨーグルト大さじ1と1/2、みりん大さじ1/2、塩)

<作り方> ボウルにみそだれの材料を入れて混ぜ合わせる。保存容器にチーズとともに入れて8時間以上漬ける。●保存する場合は、冷蔵で4~5日間もつ。そのままつまみにしたり、サンドイッチに挟んだり。和洋両方OKだ。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:7/16(土) 6:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。