ここから本文です

「第一印象ではナシ」そこからの逆転方法とは…

R25 7/16(土) 7:00配信

女性に対してひとたび悪い第一印象を与えてしまうと、もう距離を縮めるのは無理なのではないかと思ってしまうもの。しかし、意外にもその第一印象の悪さを逆手に取って、女性の心を開く方法もあるという。よく「怒ってる?」と聞かれたり、女性との会話がなかなか盛り上がらなかったりという男性は必見。印象を逆転させるためのセオリーを、20代美女にアドバイスしてもらおう。

■■今回のアドバイザー
Aさん 議員秘書 27歳

議員秘書という仕事柄、職場で多くの年上男性に囲まれているというAさん。無邪気な笑顔と華やかな雰囲気で、まさに職場の華として年上男性達を和ませている。

■ハズレ合コンからの追撃メール… 不思議とOKしてしまった

Aさん「以前合コンで会った40代の男性は、第一印象はあまり良くないものでした。その合コンのことを『ハズレ』と思っていたくらい(笑)。

解散したあとに食事に誘うメールが来たんですけど、まったく眼中になかったので返事もしなかったんです。そうしたら、また2~3日後に『食事に行きませんか?』と追撃メールが来て…。

でも、ここでもなんだか返事をする気分にならず放置してしまいました。それなのに、また2~3日たったころに3回目の追撃メールが。返事がないことに対して、体調を気遣うような内容だったんですけど、さすがに3回目は『無視するのも悪いかな』と思い、返信して食事に行きました」

■飾らない好意を見せられて印象が逆転!

Aさん「普通に考えたら、2回もメールの返事を無視されていたら諦めますよね。実際、最初は彼のことは全く眼中にありませんでしたし。でも、無視していたのに不思議とウザイと思わなかったのは、メールの頻度が2~3日置きだったからかも。ちょうど忘れた頃にメールが来ていたので、たまたま『行ってもいいかな』という気になったんです。

毎日送られてきていたら、きっと『ハズレ』と思ったままでしたね。食事に行った先では、『やっとAちゃんに会えて嬉しい』と好意を素直に示してもらえて、それがすごく嬉しくて思わずときめいてしまいました。第一印象が良くなくても、気持ちは変わるものなんです」

■悪印象から好印象の振れ幅の大きさで交際スタート

Aさん「結局、食事に行った後もアプローチが続いたことで、お付き合いがスタートしました。今思い返してみても、つくづく見た目もタイプではなかったんですよね。彼は身長が低くて、顔も特にイケメンというタイプでもありませんでした。

でも、私はもともと男性のルックスは気にしない方ではあるんですけど。太っている人もハゲている人も、清潔感があれば大丈夫。そういう女性って意外に多いんですよ。

彼の場合は、見た目が30代半ばくらいに見えたのも大きいかも。特に若作りしている感じでもなく若々しい感じがすると、『ものすごく年上』という印象が凝り固まらなくていいのかもしれません」

■最後にアドバイザーからひと言

「第一印象の悪さはだんだん薄れて行くもの。アプローチの方法で覆せます」

記事提供 / 素晴らしきオトナたちへ。モテるオトナの悦びを。[editeur エディトゥール]

(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:7/16(土) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場