ここから本文です

15分でできた!みんな大好き「あじの混ぜずし」

東京ウォーカー 7/16(土) 11:00配信

あじのお刺身を買ってくれば、あとはいり卵を作り、市販のすし酢と混ぜるだけ!の簡単混ぜずしをご紹介。今が旬のあじには血液をサラサラにしてくれるEPA、頭がよくなる栄養素として有名なDHAがどちらも豊富。こちらも旬のみょうがが魚の匂い消しにも一役買っている。すぐに作れて、暑さで疲れたときでもさっぱりいただける一皿をどうぞ。

【写真を見る】魚は手前に引きながら切るのがきれいに仕上げるコツ

【主菜】あじとみょうがの混ぜずし(1人分442kcal、塩分2.0g、調理時間15分)

<材料・2人分>

あじ(刺し身用、三枚におろしたもの)1尾分、卵1個、きゅうり1本、みょうが1個、温かいご飯小どんぶり2杯分(約350g)、白いりごま大さじ1/2、すし酢(市販品)大さじ2、塩、砂糖、サラダ油

<作り方>

(1)きゅうりは薄い輪切りにしてポリ袋に入れ、塩小さじ1/2を加えて軽くもみ、約10分おいて水けをしっかり絞る。みょうがは薄い小口切りにする。あじは1cm幅に切る。

(2)ボウルに卵を溶きほぐし、砂糖大さじ1/2、塩少々を加えて混ぜる。フライパンに油小さじ1弱を熱し、卵液を流し入れる。菜箸でかき混ぜながら、ポロポロになったら取り出す。

(3)別のボウルにご飯を入れてすし酢を回しかけ、しゃもじで切るように混ぜ合わせる。(1)、(2)を加えてざっと混ぜ合わせ、器に盛り、ごまをふる。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:7/16(土) 11:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。