ここから本文です

AKB48吉川が始球式希望!末永みゆは球児の頭を…

Smartザテレビジョン 7/16(土) 17:02配信

チバテレで放送中の「高校野球全力応援TV ガチファン」に出演しているメインMCのトミドコロ、アシスタントの末永みゆ、応援キャラクターでAKB48 Team 8・千葉県代表の吉川七瀬が、7月15日の放送後に取材に応じた。

【写真を見る】AKB48・吉川七瀬は「試合を見ていると、実際に自分もプレーしてみたいなって思います」と話す

同番組は「第98回全国高等学校野球選手権千葉大会」期間中、試合の行われる日は毎日放送。当日の試合速報や高校野球ファンの応援メッセージ、パフォーマンスの模様を、千葉・プレナ幕張2階イベントスペースの特設サテライトスタジオから公開で生放送している。

前身の番組「速報!今日の高校野球」と合わせ5年連続での出演となるトミドコロは、「どんどんおじさんになってきてます。ようやく監督とか部長の気持ちが分かるようになってきました(笑)。高校生のフレッシュさに負けないように、僕もまだフレッシュな気分でやらせていただいています。歩ける限りは続けます」と意気込みを語った。

MCの座を脅かす後輩の存在については「言いません! 言ったら、そいつが目立つから。みんなできないと思いますよ(笑)」と即答。

「番組観覧に来た高校野球部OBの子に、『俺、芸人やろうと思っているんですよ。トミドコロさんの位置、狙います』と言われたんですけど、その時は冷静に『無理だよ』って言っておきました」という大人げないエピソードを明かした。

末永は「(今日で)5回目でしたが、ようやくトミドコロさんに慣れてきました。最初のころはかんでしまったりしたんですけど、トミドコロさんに助けていただいて、ちゃんとできるようになったかなって思います」と、初共演となるトミドコロについて感想を語った。

「人見知りをするタイプなんですけど、トミドコロさんがお話をしてくださるので、楽屋とかで仲良くさせていただいています」という末永のコメントには、トミドコロが「ほぼ寝てますよね」と暴露。

さらに、トミドコロが「リハーサルではめっちゃかむけど、本番ではかまないです。リハでは(気を)抜いてるんだろうなって。本番に強いタイプ、頼りにしています」と明かすなど、コンビネーションの良さを見せた。

初のレギュラー番組となる吉川は「私も野球が好きで、最近もプライベートで2回野球を見に行ったんですけど、この番組に出させていただけると聞いた時は本当にうれしかったです。毎日楽しみにしています」と笑顔。

「実際に試合を見ていて、汗をかいている姿から頑張っているのが伝わってきます。AKB48でもたくさんレッスンをしていて、うまくいった時などは達成感があったりするので、たぶん野球でもみんなで結果を出せた時は達成感があって気持ちいいんだろうなって思います」とAKB48の活動に重ね、夢に向かって頑張る高校球児に共感していた。

また、番組内で行われるチアリーダーのパフォーマンスについても触れ、「すごく格好よかったので、そこも注目したいです。私は体が硬いんですよ」と、床に手が届かない前屈で報道陣に体の硬さをアピールした。

末永は7月14日の放送後に観覧に来ていた丸刈りの中学生の頭を触らわせてもらったことを告白。「丸刈りの頭を触りたくて(笑)。あまり私の周りに丸刈りの人がいないんですよ。ここぞとばかりに触らせてもらっています。開会式とかすごかったですね。どこ見ても丸刈り、丸刈り、丸刈り。すごい!って。丸刈りの頭はテンションが上がります」と明かした。

吉川にも「番組でやりたいことは?」と質問が飛んだが、「始球式!」と返答。トミドコロから「番組飛び越えちゃったよ!」とツッコまれていた。

県内高校野球部OBのトミドコロは、当時の高校野球との違いについて、「すっごいありますよ。でも、あまり記事にできないですけど」と笑いを誘いながらも、「みんな、昔より大会を楽しんでいるというのが表情に出てますね。上下関係もすごくいい感じの上下関係で。あと、昔は強い学校と弱い学校の差が歴然としていたんですけど、今は接戦が多くて、見ている方はすごく楽しいですよね。今後、大番狂わせもあるんじゃないでしょうか」と、見どころを紹介。

最後に「なかなかスポットの当たらないところを当てていくのが、この番組のスタイル。球児を応援している方たちもスポットライトを当てたり、球場の手伝いをしている子とかもね。あの子たちが頑張っているからこそ高校野球は成り立っているというのも伝えていければいいかなって思っています」とPRした。

最終更新:7/16(土) 17:02

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。