ここから本文です

【MLB】ダルビッシュ、手術明けも投球制限問題浮上せず。昨年復帰メッツのエースは投げすぎで今季絶望

ベースボールチャンネル 7/16(土) 6:50配信

トミー・ジョン手術から復帰の過程でよく見られる

 レンジャーズのダルビッシュ有が後半戦2戦目の現地16日のカブス戦で先発することが発表された。6月8日のアストロズ戦で右肩に異常を訴えてから約5週間。少し早い夏休みを経て、メジャーのマウンドに戻ってくる。

 大事に至らなかったのは幸いだった。右肩に張りを覚え、球速が低下したアストロズ戦。それまで150km台半ばだった球速は、5回に入ると突然140km前後まで落ちた。「真っすぐを投げるのがちょっと怖かった」と試合後に明かしている。

 故障者リスト後2度目のリハビリ登板となった11日の2A戦。5回72球を投げた後には「前回(7月4日の2A戦)は怖がりながらというか、腕を振るのをちゅうちょしていたけど、今日はだいぶなくなっていた」とコメントした。

 ダルビッシュ本人も首脳陣も、今回の離脱はトミー・ジョン手術から復帰の過程でよく見られる症状の1つだと説明する。右肘の腱を、体の別の部位とまるまる交換する移植手術。新たな腱が肘になじむまで、状態のアップダウンは多かれ少なかれ避けられないものだ。

 トミー・ジョン手術から華麗な復活を遂げた最近の例といえば、メッツのマット・ハービーだった。2年ぶりに復帰した昨季開幕直後から、100マイルに迫る剛球で連勝街道をまっしぐら。手術前を上回る球威で「ダークナイト」の異名が光り輝いた。

 それが復帰2年目となる今季は4勝10敗、防御率4.86と不振。8日には腕の神経が圧迫される胸郭出口症候群で手術が必要と診断され、今季中の復帰が絶望となった。

猛追されている中、エースの復帰で再び加速なるか

 米メディアでは「昨シーズン投げすぎてしまったから。その後遺症だ」という指摘が根強い。

 昨季地区優勝目前になり、投球イニング制限問題が浮上した。スコット・ボラス代理人が「彼は手術からまだ1年。年間180イニングの投球制限を厳守してもらいたい」と強硬に訴えたのだ。

 その時点で投球回は166回を超えていた。まともにいけば、ポストシーズンでは1球も投げられない。エース抜きの戦いを突きつけられ、ファンは大バッシング。一転ヒールになりかけた。結局ハービーはワールドシリーズまで投げ抜くことを選び、投球回は203回1/3にまで達してしまった。

 昨季の投げすぎと、今回の手術の因果関係ははっきりとはしていない。それでもトミー・ジョン手術からの復帰は、リハビリ中はもちろん、マウンドに戻ってからも細心の注意が必要となる。用心するにこしたことはない。

 幸いにもダルビッシュは、チームの指示のもと、本格的にパンクする前に再調整に専念できた。まだ今季メジャーでは3試合、15回2/3しか投げておらず、投球制限問題が浮上することもない。

 現在アリーグ最高勝率で西地区首位を走るレンジャーズだが、一時は10ゲーム差以上離していた2位アストロズに、5.5ゲーム差まで迫られている。ダルビッシュに加え、デレク・ホランド、コルビー・ルイスと先発投手に故障者が続き、猛追を許す結果となってしまった。

 エース右腕の復帰。後半戦で再び2位以下を突き放し、ポストシーズンへ向け加速するには、エースの本領発揮が期待される。

ベースボールチャンネル編集部

最終更新:7/16(土) 6:50

ベースボールチャンネル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。