ここから本文です

「ヴァーディはレスターの王様だ」 ラニエリ監督が残留の道を選んだエースの決断に感謝

Football ZONE web 7/16(土) 7:40配信

レスター2年目のシーズンを迎える指揮官 「私はここで幸せだ」

 昨シーズン、初のプレミアリーグ優勝を成し遂げたレスターは、シーズン開幕に向けてトレーニングを開始しているが、クラウディオ・ラニエリ監督はイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディの残留を「彼はレスターの王様だ」と手放しで喜んでいると英紙「デイリー・ミラー」が伝えている。

英メディアが世界最強の「左利き」と「右利き」のベストイレブンを選出!

 クラブ創設132年目にして初のリーグ制覇から2カ月、ディフェンディングチャンピオンの立場となるレスターはオーストリアの地でキャンプに臨んでいる。欧州選手権(EURO)に出場したメンバーはまだ合流していないものの、「私は幸せだよ」とイタリア人指揮官はレスターでの2年目の指導に心を躍らせている。

 その大きな理由の1つは、エースのヴァーディが新シーズンもクラブ残留を選択したことにあるのは確かだ。日本代表FW岡崎慎司との絶妙な連携で得点を量産し、24ゴールを挙げたストライカーには、アーセン・ベンゲル監督率いるアーセナルが獲得に乗り出した。しかしクラブは週給10万ポンド(約1400万円)と金額面で誠意を見せ、2020年までの契約延長に成功した。これにはラニエリ監督も、一安心といったところのようだ。

「彼はここで多くのことを楽しめる。彼は王様だし、幸せだからだ。チームにとって重要な選手なので、私はヴァーディと彼の家族にありがとうと思っている。彼はファンタスティックな選択をしてくれた。私は彼を信用している。想像してほしい。彼は小さいチームから加入し、頂点に上り詰めた。そして彼はビッグクラブに求められたが、残留してくれた――これは信じられないことだ」

ヴァーディのCLでの活躍にも期待

 優勝したとはいえ、資金面では大きな差があるレスターに残留したこと自体が奇跡だと感じている。「チームメイトに幸せをもたらし、彼もまた別のシーズンでエネルギーを与えるだろう。彼がどん底から這い上がったからこそだし、我々の家族だからだ。初のチャンピオンズリーグでも、彼は一緒にいたいと思ってくれたはずだ」とCLでの躍進に期待した。

 EUROでもゴールを挙げたヴァーディの決定力は、“ミラクル・レスター”の第2章を紡ぐことになるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/16(土) 7:40

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。