ここから本文です

【浮気事件簿】洗濯機の横で見つけた小さな手帳 そこには過去に関係を持った女性の三段階評価が…

Suits-woman.jp 7/16(土) 13:00配信

探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情をご紹介。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細について、多くは語られないものです。気になるその詳細を美人探偵・山村佳子がその事件簿から解説します! 

浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査で何を調べるのかまでの“リアル”を紹介!

今回の依頼者は結婚2年になる高岡マユミさん(37歳)。都内のエステサロン運営会社の法務部に勤務して10年になるといいます。その職業通り、マユミさんはカッコいいキャリアウーマンという雰囲気。ファッションもネイビーのカッチリしたシャツに白のタイトスカートを合わせ、髪の毛はきりりとそろったボブヘア。顔は女優の木村多江さんを10倍強くしたような顔立ちのクールビューティ。

旦那様とはマッチングアプリで知り合い、最初に会った瞬間に“あ、この人だ”とお互いに直感し、マユミさんが押し切る形で交際2か月のスピード入籍。親族だけで式を挙げ、新婚旅行はバリ島へ。しかし、結婚後から旦那様の毎週金曜日の深夜帰りや、スマホの2台持ち、カーナビの全履歴消去など不可解な行動が目立ったとか。

「夫は巨大な企業に勤務しており、半分公務員みたいなものです。自由奔放な性格で、俳優の谷原章介さんに似ています。仕事の内容はインフラ設備の運営など、ルーティンワークが多いからストレスが溜まっているみたいなんですよね。ルンルンと楽しそうにしているときもあれば、イライラして私にケンカを吹っかけてくることもあるんですよ。私は実は元ヤンだから、売られたケンカは買ってしまうんですよね。それでお互いに暴言を吐いたりモノを壊したりして大ゲンカ。その後、仲良くしての繰り返し。もうそういう感情のアップダウンにも疲れてしまって」

そもそも、マユミさんが私たちの事務所にお見えになったのは、探偵調査の依頼ではなく、夫婦問題のカウンセリングから。“離婚するまではいかないけれど、別れたほうがいいかもしれない”と思っている夫婦は私たちのようなカウンセラーに悩みをぶつけ、感情や行動を整理していきます。

しかし、話を聞いているうちに、もしかして旦那様が浮気をしているのでは……という疑念が芽生えました。前出の疑惑の行動だけでなく、謎の出張、平日に理由もなく日焼けして帰宅するなど、説明がつかない行動が多い。浮気の証拠をつかんでから離婚するのとしないのとでは条件(慰謝料など)に大きな差が出ます。

1/2ページ

最終更新:7/16(土) 13:00

Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。