ここから本文です

移籍市場で逆襲モードのドルトムント 仏代表の“50億円アタッカー”獲得にも動く

Football ZONE web 7/16(土) 9:22配信

EUROで6試合出場のシソッコ 右サイドで輝きを放つ

 主力が大量流出したドルトムントが、移籍市場で一気に攻勢に出ている。2013年にバイエルンに移籍したドイツ代表MFマリオ・ゲッツェの復帰で合意に達したと報じられるなか、欧州選手権(EURO)準優勝を果たしたフランス代表の“右のエース”獲得に動いている。フランス地元紙「レキップ」が報じている。

【写真記事】英メディア選定「FKキッカー世界トップ5」 中村俊輔もランクイン

 ドルトムントが獲得に乗り出しているとレポートされたのは、昨季チャンピオンシップ(英2部)降格が決まったニューカッスルMFムサ・シソッコだ。EUROでは6試合に出場し、フランス代表の躍進に貢献した。

 「美しきEUROでムサ・シソッコには多くの扉が開いた」と記事ではレポートされており、ドルトムントがシソッコ獲得に乗り出しているという。強靭な肉体を武器にサイドを突破する26歳のアタッカーは契約を3年残しており、獲得には3500万ポンド(約50億円)の違約金が必要になる。

 シソッコはUEFAチャンピオンズリーグとプレミアリーグでのプレーを希望し、意中の移籍先としてアーセナルを挙げていた。一方、ドルトムントはドイツ代表DFマッツ・フンメルス、同MFイルカイ・ギュンドアン、アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンの売却で100億円の移籍金を手にしている。若手中心に6選手の補強に成功しており、さらにゲッツェ、シソッコと実力者の名前が浮上している。

 「チームの支柱を失った」とトーマス・トゥヘル監督が悲痛な叫びを残した今季のドルトムントだが、移籍市場でも一気に逆襲モードに突入している。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/16(土) 9:22

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。