ここから本文です

“超豪華”MLSで最も人気の選手は? ユニフォーム販売数トップ10が発表

フットボールチャンネル 7/16(土) 14:02配信

 近年超豪華選手が次々に参戦しているメジャーリーグサッカー(MLS)だが、今最も人気のある選手は誰なのだろうか。15日付のイタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じている。

 昨季に米国で最も多く売れたネーム入りMLSのレプリカユニフォームは、ニューヨーク・シティに所属するMFアンドレア・ピルロのユニフォームだったようだ。

 ミランやユベントスで活躍した元イタリア代表のピルロは、昨年の7月にニューヨーク・シティへ移籍。オーランド・シティ戦でMLSデビューを飾ると18試合に出場し、先月にはMLSで初めて自慢のフリーキックを決めた。

 販売枚数トップ10は以下の通り。

1位: アンドレア・ピルロ(ニューヨーク・シティ)
2位: クリント・デンプシー(シアトル・サウンダーズ)
3位: ダビド・ビジャ(ニューヨーク・シティ)
4位: ジョーダン・モリス(シアトル・サウンダーズ)
5位: スティーヴン・ジェラード(ロサンゼルス・ギャラクシー)
6位: カカ(オーランド・シティ)
7位: ディディエ・ドログバ(モントリオール・インパクト)
8位: セバスティアン・ジョヴィンコ(トロント)
9位: フランク・ランパード(ニューヨーク・シティ)
10位: ドム・ドワイヤー(スポルティング・カンザスシティ)

 トップ10を見るだけでも、往年の選手たちが今でも人気が高いことが分かる。

 ワールドカップでは2010年大会、2014年大会と2大会連続でベスト16入りを達成し、先日行なわれたコパ・アメリカ・センテナリオでは4位となったアメリカ代表。自国のリーグに豪華選手を招聘することで、さらなるレベルアップが期待できそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:7/16(土) 14:21

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。