ここから本文です

闘将シメオネが築き上げた「鉄の結束」 躍進を支えるアトレチコ軍団“22人の幹部”たち

Football ZONE web 7/16(土) 16:57配信

スペイン紙が特集 シメオネ監督の仕事をサポートする有能なスタッフたち

 昨季2年ぶりにUEFAチャンピオンズリーグ決勝進出を果たしたアトレチコ・マドリードと言えば、ディエゴ・シメオネ監督のカリスマ性が印象的だが、親分の下で働く“22人の幹部”もアトレチコ軍団の仕事を完璧にサポートしていると、スペイン紙「マルカ」が報じている。

【写真記事】英メディア選定「FKキッカー世界トップ5」 中村俊輔もランクイン

 強面のアルゼンチン指揮官が求める徹底したハードワークによって、今や同都市の宿敵レアル・マドリードやバルセロナと3強を形成するようになった。シメオネ監督の鍛錬により、フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが欧州選手権MVPを獲得するなど、多くのタレントが急成長を遂げると同時に、ここ数年不振が続いていた元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスを復活させるなど、今やアルゼンチン人指揮官は世界的名将という評価を受けている。

 2011年からチームを統括する“親分”は、試合中の激しいジェスチャーなどでも強烈な印象を残すが、シメオネ監督をサポートする“幹部”も自らのタスクをまっとうしているという。

 同紙によると、現在クラブをサポートするチームスタッフは計22人にものぼり「シメオネ軍団の参謀たち」と表現している。アシスタントコーチはモノ・ブルゴス氏、フアン・ビズカイーノ氏の二人が担当し、アトレチコにとっての生命線であるフィジカル面を準備するコンディショニングコーチも、ポルヘ・オルテガ氏を筆頭に計3人が務めている。また、デジタル機器を駆使してトレーニングを記録するのも計5人が担当している。

メディカルスタッフ9人で選手を徹底的に管理

 選手たちを徹底的に鍛えるがゆえに発生しかけない負傷に対しても、徹底的なリスクマネジメントをしているという。クラブが抱えるメディカルスタッフは9人にも及び、選手のコンディションを徹底的に管理している。

 GKコーチや広報担当者も含めれば、シメオネ親分の幹部は計22人にも及ぶ。同紙は「この軍団の兵隊たちが一緒であることで、シメオネ監督は可能な限りサッカーに勝利することだけに集中できる」と、指揮官が自らの稼業に集中できると締めている。

 昨季CL決勝後には、自身の去就について「迷っている」と話した闘将だが、有能な幹部との“鉄の結束”がある限りは、アトレチコを去るつもりはないのかもしれない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/16(土) 16:57

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。