ここから本文です

“赤い悪魔”から“赤い悪魔”へ!? ファン・ハールにベルギー代表監督就任の可能性が急浮上

Football ZONE web 7/16(土) 21:06配信

昨季限りでマンUを解任されたファン・ハール

 昨季限りでマンチェスター・ユナイテッドを解任されたルイス・ファン・ハール前監督に、ベルギー代表就任の可能性が急浮上している。英紙「サン」が報じた。

英メディアが世界最強の「左利き」と「右利き」のベストイレブンを選出!

 ベルギーサッカー協会は15日にマルク・ヴィルモッツ監督の解任を発表。ベルギー代表は昨年10月にFIFAランキング1位に浮上するなど、黄金時代を迎えていた。フランスで開催された欧州選手権でも、チェルシーMFエデン・アザール、マンチェスター・シティMFケビン・デ・ブライネら大会屈指のタレントを抱え、優勝候補の一角として満を持して大会に臨んだものの、ベスト8と不甲斐ない結果に終わったことが、解任につながったと考えられている。

 後任候補として名前が挙がっているのが、ファン・ハール氏だ。ユナイテッド時代は総額約500億円もの大型補強を敢行したにもかかわらず、プレミアリーグでは早々に優勝争いから脱落し、UEFAチャンピオンズリーグでもグループステージ敗退を喫するなど、投資に見合った成果を挙げられずにオールド・トラフォードを去っていた。しかし、2014年のブラジル・ワールドカップではオランダ代表を3位に導くなど、代表チームでは評価に値する成績を残している。

 ファン・ハール氏が2014年から2年間率いたユナイテッドは、“レッド・デビルズ”の愛称で知られるが、ベルギー代表も“レッド・デビルズ”という異名を持っている。ベルギー代表監督に就任すれば、クラブと代表の”赤い悪魔”をはしごすることになり、その動向に注目が集まる。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/16(土) 21:06

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。