ここから本文です

「最も資産価値の高いスポーツチーム」ランキング、レアルが首位陥落

Forbes JAPAN 7/16(土) 18:30配信

フォーブスはこのほど、今年の「世界で最も資産価値の高いスポーツチーム」ランキングを発表した。トップとなったのは資産価値(推定)が前回調査から25%上昇、40億ドル(約4,190億円)に達した米ナショナル・フットボール・リーグ(NFL)のダラス・カウボーイズだった。

【全ランキング】最も資産価値の高いスポーツチーム

今回のランキングでは、上位50チームのうち27チームをNFLのフランチャイズ・チームが占めた(前回は20チーム)。サッカーチーム以外が首位となるのは、フォーブスが同ランキングの発表を開始した2011年以来、初めてのことだ。

2011年と翌年はイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドが連覇。2013年以降はスペイン・リーガエスパニョーラのレアル・マドリードが首位を維持していた。

全スポーツの中で最高の営業利益を記録

NFL全32チームの2014年シーズンの営業利益は、総額24億ドルに上った。
1チーム当たりの資産価値は平均およそ20億ドルで、前年の7億3,200万ドルから160%上昇した。

カウボーイズは、NFLの収益に最も貢献している一番の人気チーム。2014年シーズンには営業利益が過去最高額となる2億7,000万ドルを記録した。NFLでカウボーイズに次いで資産価値が高かったのは、ニューイングランド・ペイトリオッツ(6位、32億ドル)、ワシントン・レッドスキンズ(8位、28億5,000万ドル)だった。

レアルは2位に

レアル・マドリードは首位を明け渡したものの、資産価値は前年から12%上昇。36億5,000万ドルとなった。2014~15年シーズンの収益では、その他のどのチームよりも多い6億9,400万ドルを記録した。

世界で最も稼ぐアスリート、クリスティアーノ・ロナウドをはじめ多数の人気選手を擁するレアルと合わせて、サッカーでは8チームがランク入りした(前回は7チーム)。同じスペインのFCバルセロナは、資産価値35億5,000万ドルで3位だった。

一方、メジャーリーグ(MLB)のニューヨーク・ヤンキースは34億ドルで4位。MLBからは他に6チームがランク入りしたが、昨年の12チームからは数を減らしている。

--{資産価値の平均は4.5億ドル増加}--

5位に名前が挙がったのは、資産価値33億2,000万ドルのマンチェスター・ユナイテッドだった。ただし、上位には入ったものの、ユナイテッドはランキング25位までのチームのうち、最も多額の負債を抱えている。

また、上位50チームの資産価値の平均は、昨年の17億5,000万ドルから22億ドルに増えた。

各スポーツリーグの資産価値は、フォーブスが過去一年の間に行ったNFLと北米アイスホッケーリーグ(NHL)、米プロバスケットボール協会(NBA)、MLB、F1、各サッカーリーグ、全米自動車競争協会ストックカーレース(NASCAR)に関する調査から割り出したもの。各チームの資産価値は、拠点とするスタジアムとの現行の契約内容などを考慮し、資産と負債の合計からフォーブスが独自に算定した。

左から順位、チーム名、資産価値(単位:百万ドル)、スポーツ
1 - Dallas Cowboys - 4,000 - NFL 2 - Real Madrid - 3,645 - soccer 3 - Barcelona - 3,549 - soccer 4 - New York Yankees - 3,400 - MLB 5 - Manchester United - 3,317 - soccer 6 - New England Patriots - 3,200 - NFL 7 - New York Knicks - 3,000 - NBA 8 - Washington Redskins - 2,850 - NFL 9 - New York Giants - 2,800 - NFL 10 - Los Angeles Lakers - 2,700 - NBA 10 - San Francisco 49ers - 2,700 - NFL 12 - Bayern Munich - 2,678 - soccer 13 - New York Jets - 2,600 - NFL 14 - Los Angeles Dodgers - 2,500 - MLB 14 - Houston Texans - 2,500 - NFL 16 - Chicago Bears - 2,450 - NFL 17 - Philadelphia Eagles - 2,400 - NFL 18 - Boston Red Sox - 2,300 - MLB 18 - Chicago Bulls - 2,300 - NBA 20 - San Francisco Giants - 2,250 - MLB 21 - Chicago Cubs - 2,200 - MLB 22 - Boston Celtics - 2,100 - NBA 23 - Arsenal - 2,017 - soccer 24 - Los Angeles Clippers - 2,000 - NBA 25 - Green Bay Packers - 1,950 - NFL 26 - Denver Broncos - 1,940 - NFL 27 - Baltimore Ravens - 1,930 - NFL 28 - Manchester City - 1,921 - soccer 29 - Golden State Warriors - 1,900 - NBA 29 - Pittsburgh Steelers - 1,900 - NFL 31 - Indianapolis Colts - 1,875 - NFL 32 - Seattle Seahawks - 1,870 - NFL 33 - Miami Dolphins - 1,850 - NFL 34 - Brooklyn Nets - 1,700 - NBA 35 - Atlanta Falcons - 1,670 - NFL 36 - Chelsea - 1,661 - soccer 37 - New York Mets - 1,650 - MLB 38 - St Louis Cardinals - 1,600 - MLB 39 - Minnesota Vikings - 1,590 - NFL 40 - Carolina Panthers - 1,560 - NFL 41 - Liverpool - 1,548 - soccer 42 - Arizona Cardinals - 1,540 - NFL 43 - Kansas City Chiefs - 1,530 - NFL 44 - San Diego Chargers - 1,525 - NFL 45 - New Orleans Saints - 1,515 - NFL 46 - Tampa Bay Buccaneers - 1,510 - NFL 47 - Cleveland Browns - 1,500 - NFL 47 - Houston Rockets - 1,500 - NBA 49 - Tennessee Titans - 1,490 - NFL 50 - Jacksonville Jaguars - 1,480 - NFL

Kurt Badenhausen

最終更新:7/16(土) 18:30

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。