ここから本文です

米ホテル満足度ランキング、「最高級」の1位はザ・リッツ・カールトン

Forbes JAPAN 7/16(土) 18:00配信

数あるホテルチェーンの中で「最高級(ラグジュアリー)」に分類されるホテルブランドのうち、北米で最も高い評価を受けているのは「ザ・リッツ・カールトン」であることが分かった。

【格付け】世界各国の5つ星獲得ホテル

調査会社J.D.パワーは先ごろ、毎年実施しているホテル利用客の満足度に関する調査結果を発表した。ブランドホテルを平均客室単価によって「最高級」から最も手頃な「長期滞在型(エクステンデッド・ステイ)」まで8つのカテゴリーに分類。利用客の評価に基づき、それぞれに該当するホテルの順位を決定するものだ。

「高級(アッパー・アップスケール)」部門のトップは「オムニ・ホテルズ」。各カテゴリーの1位は、以下のとおりだった。

・最高級:ザ・リッツ・カールトン
・高級:オムニ・ホテルズ & リゾーツ
・上級(アップスケール):ヒルトン・ガーデン・イン
・中上級(アッパー・ミッドスケール):ドゥルーリー・ホテルズ
・中級(ミッドスケール):ウィンゲート・バイ・ウィンダム
・下級(エコノミー/バジェット):マイクロテル・イン & スイーツ・バイ・ウィンダム
・上級長期滞在型(アッパー・エクステンデッド・ステイ):ハイアット・ハウス
・長期滞在型(エクステンデッド・ステイ):ホーム2スイーツ・バイ・ヒルトン

「最高級」カテゴリーのザ・リッツ・カールトンは、昨年から2年連続での1位となった。ただし、今回の調査結果でそれ以上に目を引くのは、「中上級」で首位のドゥルーリー・ホテルズだろう。11年連続でトップを維持した(2013年までは「上級」カテゴリーで1位)。同ブランドは米南部を中心に、21州で130軒以上を運営している。

評価は全体的に上昇傾向

評価の基準としたのは、チェックイン、チェックアウトの手続き、客室、施設内でのサービス、宿泊料金その他料金をはじめとする全7項目だ。

トップのザ・リッツ・カールトンが獲得した896点は、J.D.パワーが調査を開始して以来の最高得点。今回の結果からは、宿泊客の満足度が全体として、年々高まっていることが明らかになった。ただ、前年比12ポイント上昇と大きく評価を上げた「最高級」以外のカテゴリーでは、全て同2ポイントの伸びにとどまっている。

「中上級」のドゥルーリー・ホテルズが871点を獲得し、「高級」のオムニ・ホテルズ & リゾーツ(856点)、「上級」のヒルトン・ガーデン・イン(844点)の評価を上回ったことも興味深い点だ。
--{「最高級ホテル」トップ10を紹介}--
「最高級」に分類されるホテルのうち、トップ10に入ったのは以下の各ブランド。かっこ内の数字は、それぞれの獲得スコア(1,000点満点)となっている。

・ザ・リッツ・カールトン(896)
・フォーシーズンズ・ホテルズ&リゾーツ(882)
・JWマリオット(874)
・ウォルドーフアストリア・ホテルズ&リゾーツ(869)
・ロウズ・ホテルズ&リゾーツ(865)
・フェアモント・ホテルズ&リゾーツ(860)
・インターコンチネンタル・ホテルズ&リゾーツ(856)
・ダブリュー・ホテル(852)
・グランドハイアット(851)

Grant Martin

最終更新:7/16(土) 18:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

なぜ今? 首相主導の働き方改革