ここから本文です

【J1ベストイレブン】エースの働きを見せた”トヨグバ”がMVP。逆転劇の立役者となった川崎の小林、横浜の中村らを選出|2nd・3節

SOCCER DIGEST Web 7/16(土) 8:00配信

2ゴールを挙げた鳥栖のエースは採点『7.5』でMVP。

 J1リーグは7月13日に第2ステージ3節の9試合を行なった。ここでは、その9試合からサッカーダイジェストWeb編集部がセレクトしたベストイレブンを紹介する。

【J1PHOTO】第2ステージ・3節のベストイレブン



【選出理由】
 今節のMVPはエースとしての働きを見せた鳥栖の豊田だ。高橋のクロスにニアに飛び込んで先制点を挙げると、さらにボレーで追加点。2ゴールでチームの完勝に貢献した。
 
 また、アディショナルタイムの逆転劇に貢献した川崎の小林、横浜からは中村とマルティノスを選出した。小林はアディショナルタイムにヒールシュートで決勝点、中村は85分にPKで同点弾、マルティノスは終了間際に逆転弾を挙げた。いずれも採点は『7』だ。
 
 同じく『7』をつけたのが、鳥栖の高橋義希。思い切った攻撃参加から正確なクロスで先制点をアシストすると、その後もアンカーとしてゲームをコントロールした。

【今節のベストイレブン】の採点&寸評

【今節のベストイレブン】
GK
1 河田晃兵(甲府) 6.5
猛攻に晒されていた試合終盤、二度のビッグセーブでチームを救う。今季一番とも言えるパフォーマンスを見せた。
 
DF
3 河本裕之(大宮) 6.5
相手攻撃陣を威圧するような激しさは相変わらず。エアバトルにも強く、多少の反応の遅れも思い切りの良さでカバーしていた。水際での身体の投げ出し、パトリックを抑え込むパワーなど、ファイターっぷりを遺憾なく発揮した。
 
2 濱田水輝(福岡) 6.5
守備面では不安定なプレーが目立ったが、この日の試合は勝利だけが優先される試合。FC東京を下した終了間際の逆転ゴールは値千金。
 
5 槙野智章(浦和) 6.5
相手のエースR・ロペスの得意なコースを徹底して潰して自由を与えず、無失点勝利に大きく貢献。
 
MF
14 高橋義希(鳥栖) 7
まさかの奇襲――。思い切った攻撃参加からクロスを放ち先制点をアシスト。その後は最終ラインの前で試合をコントロールした。
 
10 柴崎 岳(鹿島) 6.5
無駄のないプレーで効率性の良いゲームメイク。正確なパスでチームメイトを前向きにし、攻撃を加速。62分には土居の横パスを思い切り叩き、楢崎を慌てさせる強烈なミドルを放つ。身体を張った守備も精力的にこなした。
 
20 マルティノス(横浜) 7 
周囲と噛み合わなかった前半の姿と、スピードに乗った突破を見せた後半の姿はまるで別人だった。85分にはクロスに反応しPKを奪取。終了間際には逆転ゴールをゲット。勝利の立役者となった。
 
10 中村俊輔(横浜) 7(HT IN)
10番の登場で横浜の攻撃はガラリと変わった。57分には右サイドから逆サイドの齋藤にパスを通し、ゴールの起点になると、85分にはPKで同点弾をマーク。2点を先行されたチームの危機を救った。マルティノスと迷うもMOMに選出。
 
37 クリスティアーノ(柏) 6.5
序盤から、塩谷の股を抜き突破するなど切れ味鋭いドリブルを披露して、チャンスを作った。60分にはPKを冷静に決め、復帰後初ゴール。
 
FW
11 小林 悠(川崎) 7
1対1の守備では、自陣深くまで守備に戻って潰す場面も。一方の攻撃では、好機を逃す場面もあったが、終了間際に劇的な逆転弾。勝利を呼び込んだこの一撃を高く評価した。
 
THIS WEEK MVP
11 豊田陽平(鳥栖) 7.5
まさにエースの働き。隙を見逃さずニアに飛び込んでクロスに合わせ、さらにボレーで計2ゴール。湘南に与えたダメージは大きい。
 
※選手名の左の数字はクラブでの背番号。右は今節の採点。
採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。

最終更新:7/16(土) 8:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。