ここから本文です

【J1展望】浦和×大宮|リオに旅立つ興梠&遠藤、ミシャからゲキを受けた関根…5万大観衆のさいたまダービーで史上初の6連勝なるか?

SOCCER DIGEST Web 7/16(土) 9:00配信

浦和――9年ぶりの5連勝を達成。李は「とはいえ圧勝しているわけではない。だからこそ、ダービーで圧倒して勢いに乗りたい」。

J1リーグ2ndステージ・4節
浦和レッズ – 大宮アルディージャ
7月17日(日)/19:00/埼玉スタジアム2002
 
浦和レッズ
第2ステージ(3節終了時):3位 勝点9 3勝0分0敗 5得点・1失点
年間成績(20試合終了時):3位 勝点42 13勝3分4敗 31得点・17失点
 
【最新チーム事情】
●さいたまダービーは久々の5万人越えか!
●チケット販売はコンビニ、ネット、レッドボルテージなどで若干あり。当日スタジアム販売はなし。
●リオ五輪出発前ラストゲーム。遠藤と興梠が燃えている。
●ミシャから関根に「1対1で勝て!」のゲキが飛ぶ。
●李は「記憶にも記録にも残るゴールを決める」と宣言。
 
【担当記者の視点】
 2年ぶりにホームで迎えるさいたまダービーは、前々日の段階でチケットが5万1500枚以上売れたという。格安でチケットを購入できるキャンペーンにより訪れる大勢の小中高生の前で、浦和の攻撃的なサッカーを見せたい。
 
 遠藤と興梠にとっては、これがリオ五輪代表合流前のラストゲーム。遠藤は「最後なので、しっかり勝って気持ちよく五輪に行きたい。サポーターがダービーは特別なのだと実感させてくれる」と意気込む。守備陣は遠藤を中心に無失点で抑え、そしてエース興梠のゴールという最高の結果を残したい。
 
 第1ステージ同様、大宮が4バックで臨んできた場合、サイドで主導権を握れるかがポイントになる。ペトロヴィッチ監督から「1対1では絶対に勝て!」とゲキを飛ばされたと言う関根は、「先制点が大事になる」と、虎視眈々と今季ホーム初ゴールを狙う。
 
 鬼門の仙台で13年ぶりに勝利を収め、9年ぶりの5連勝を達成。李は「とはいえ圧勝しているわけではない。だからこそ、攻めて圧倒するダービーにしたい。記憶にも記録にも残るゴールを決めたい」と気を引き締めていた。興梠不在時にはゴールラッシュが期待されるだけに、第1ステージに続いてこの大一番で一撃を叩き込み勢いに乗りたいところだ。

「リオ世代最多出場」関根が五輪代表から落選。今年、国内招集なし。原口に続く選考の“理不尽”と“妥当性”について考える

 

1/2ページ

最終更新:7/16(土) 11:22

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。