ここから本文です

プレミアEASTで苦闘する流経大柏が8戦目で初勝利! U-17W杯出場を狙う1年生トリオが躍動

SOCCER DIGEST Web 7/16(土) 7:00配信

開幕から7戦未勝利も柏ダービーでレイソルを下す。

 待ちに待った瞬間だった。プレミアリーグEAST8節・流経大柏対柏レイソルU-18の一戦で、開幕から7試合にわたって勝利に見放されていた流経大柏が、今季リーグ戦初勝利を飾った。
 
 83分にキャプテンのMF関大和の強烈なミドルシュートで先制をすると、課題だった残り10分の守備も集中力を切らすことなく対応し、1-0の勝利を掴み取った。
 
 この試合、スタメンに名を連ねた3人の1年生が強烈な輝きを放った。DF関川郁万、佐藤輝、MF熊澤和希。関川はCBのポジションに入り、空中戦の強さと対人の強さを発揮し、柏の攻撃を跳ね返すと、機を見てボランチの位置まで押し上がり、正確な縦パスを供給。攻守に渡ってリズムを生み出した。
 
 右サイドバックに入った佐藤は、抜群のバランス能力を発揮し、CBのカバーやボランチのカバー、そして機を見た攻撃参加と効果的なプレーを見せた。ボランチに入った熊澤は運動量を上げて、相手の中盤の自由を奪った。佐藤は交代を告げられた62分まで、熊澤と関川はタイムアップまで集中力を保ち続け、無失点勝利の縁の下の力持ちとなった。
 
「最後まで集中して戦いました。チャレンジ&カバーは僕らの課題でもあるので、しっかりと(もう一方のCBの)松浦(駿平)さんと連係を取って、受け渡しをしっかりとしました。なるべく自分でチャンスだと思ったら高い位置まで行って、ボールを散らそうと思いました」と、試合後に充実の表情を浮かべた関川。佐藤も「あまり裏を取られないことを意識して、相手にとって一番危険な場所を消すことを考えてプレーしました」と冷静に試合を振り返った。
 
 期待通りの活躍を見せた3人に、本田裕一郎監督も「1年生いいでしょ? 佐藤なんかは派手じゃないけど、堅実で落ち着いていて、すごく俺は買っているんだよ。熊澤も実際はシュートが大好きで、それを買って出しているけど、もっと出してほしいね。でもよくやっているよ。1年生は毎年、夏を過ぎないと馴染んでこないんだけど、今年は早いね。もっと変われると思う」と、手応えを掴んでいた。
 

【総体】地区予選代表校一覧

1/2ページ

最終更新:7/16(土) 7:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。