ここから本文です

【J1展望】甲府×鹿島|甲府は新戦力・ドゥドゥの先発が有力。第1ステージ王者から金星なるか?

SOCCER DIGEST Web 7/16(土) 17:00配信

甲府――前節の磐田戦で見せた堅守で、再び無失点を狙う。

J1リーグ2ndステージ・4節
ヴァンフォーレ甲府-鹿島アントラーズ
7月17日(日)/18:00/山梨中銀スタジアム
 
ヴァンフォーレ甲府
2ndステージ成績(3節終了時):15位 勝点1 0勝1分2敗 0得点・4失点
年間成績:17位(20試合終了時) 勝点16 3勝7分10敗 18得点・35失点
 
【最新チーム事情】
●新助っ人のFWドゥドゥが、今節から出場可能に。佐久間GM兼監督は先発起用を示唆。
●鹿島については「カイオが抜けた分、ロングカウンターの脅威は減ったものの、コンビネーションの質や、切り替えの速さ、精度が高まっている」(佐久間GM兼監督)と警戒。
●尾骨を負傷している松橋の出場は微妙。また津田も磐田戦で左足を痛めており、金曜日の練習は別メニュー。
●別メニュー調整が続いていた盛田、保坂が全体練習に合流。
 
【担当記者の視点】
 前節の磐田戦は、5試合ぶりの無失点で引き分けた。「勝点1を得たのも大事だけど、失点を0で抑えられたのは収穫」(新井)と言うように、粘り強い守備力を取り戻した事実は、ポジティブに捉えられる。
 
 今節もその守備力に注目だ。各々が身を粉にしながら、果たして第1ステージ王者の鹿島をどこまで渡り合えるか。金崎、土居を筆頭とする鹿島のアタッカーを抑えるのは難しいミッションとはいえ、磐田戦の堅守を発揮できれば2試合続けての無失点も不可能ではないだろう。
 
 一方前線では、今月5日に獲得したばかりのドゥドゥがスタメンに名を連ねる可能性がある。チーム合流後1週間あまりで味方との連係に不安は残るものの、持ち味のシュートセンスや突破力で打開を狙う。

鹿島――打開力に優れる杉本が攻撃を活性化。

J1リーグ2ndステージ・4節
ヴァンフォーレ甲府-鹿島アントラーズ
7月17日(日)/18:00/山梨中銀スタジアム
 
鹿島アントラーズ
2ndステージ成績(3節終了時):2位 勝点13 4勝1分1敗 9得点・3失点
年間成績(20試合終了時):2位 勝点45 14勝3分3敗 37得点・15失点
 
【最新チーム事情】
●名古屋戦からメンバー変更の見込み。今節では杉本や植田の先発が有力。
●植田にとっては、リオ五輪前最後のリーグ戦。
 
【担当記者の視点】
 第2ステージはG大阪に完敗して幕を開けたが、続く広島戦は高い決定力で相手をねじ伏せると、前節・名古屋はメンバーを落としても力の違いを見せつけ3試合ぶりの完封勝利。チーム状態は上向いている。
 
 今節の相手である甲府には、前回対戦では4-0と圧勝を収めている。両者の実力差を考慮すれば、いくらアウェーゲームと言えど敗戦は考えにくく、格下相手に取りこぼすわけにはいかない。
 
 金崎や小笠原、西、遠藤、植田ら主力が先発復帰する以上、勝点3は最低限のノルマだ。引き気味に構えてくるだろう相手をいかに切り崩すか。注目は打開力に優れる杉本。狭いエリアでも独力で突破できる小柄なアタッカーが躍動し、前線を活性化したい。

最終更新:7/16(土) 17:01

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。