ここから本文です

【J1展望】G大阪×福岡|ホーム直近5試合「3勝2分」の無敗。反転攻勢なるか

SOCCER DIGEST Web 7/16(土) 19:00配信

G大阪――井手口と藤春は、福岡戦が五輪前のラストマッチに。

J1リーグ2ndステージ・4節
ガンバ大阪×アビスパ福岡
7月17日(日)/19:00/市立吹田サッカースタジアム
 
ガンバ大阪
2ndステージ成績(3節終了時):4位 勝点7 2勝1分0敗 6得点・2失点
年間成績(20試合終了時):6位 勝点31 9勝4分7敗 28得点・22失点
 
【最新チーム事情】
●福岡戦は13年のJ2時代を含めて5連勝中。
●丹羽は08~11年の3年半、福岡に所属。主将も務めた古巣との対戦。
●井手口が膝痛で14日の練習を回避するも、翌日はフルメニューをこなした。
●遠藤はJ1通算100ゴールまで、あと1ゴール。
 
【担当記者の視点】
 前節のアウェー大宮戦は、酷暑も相まって決定打を欠き、0-0のスコアレスドローに終わった。崩し切れなかったとはいえ、守備は一定の安定感を保ち、第2ステージはいまだ無敗と復調の兆しが見える。
 
 2戦連続3ゴールと破壊力が光っていた攻撃は、1トップの人選が悩ましい。2節の仙台戦で2ゴールと活躍したパトリックだったが、久しぶりに先発した前節はノーゴールに終わり、攻撃全体の機能性もいまひとつだった。
 
 連戦の疲労を考慮する意図もあり、前節は終盤から出場したアデミウソンが、再び先発に返り咲くか。足もとの技術でパトリックを上回るだけに、前線の基準点となって攻撃を活性化したい。
 
 リオ五輪のメンバーに選出された井手口、OA枠で招集された藤春は、この試合を最後にしばらくチームから離れる。井手口は14日の練習を膝痛で回避し、回復に専念。福岡戦の回避も囁かれたが、翌日の練習ではフルメニューをこなしており、長谷川監督も起用にGOサインを出した。
 
 一方、スタミナ自慢の藤春は疲れ知らずで、この試合でもフル稼働しそうだ。日本を発つ前の一戦に両者とも意気込んでおり、サポーターに勝利をプレゼントできるか。
 
 

1/2ページ

最終更新:7/16(土) 19:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。