ここから本文です

「心から楽しめる趣味はない」若手会社員の3人に1人

R25 7/17(日) 7:00配信

履歴書にある「趣味」の欄。何を書くべきか、困った経験のある人はいないだろうか? 読書や映画鑑賞などが定番だが、本当に“趣味”といえるものかというと、悩んでしまう人もいるだろう。では、心から楽しめている趣味をもつ人はどれほどいるのか、20~30代の独身男性会社員200人にアンケート調査を行った。(R25調べ・協力/アイリサーチ)

〈あなたには、心の底から楽しめる「趣味」はある?〉

・ある 67.0%
・ない 33.0%

「ある」が多数派だが、「ない」も3人に1人存在。もちろん“趣味がない=悪い”ということはありえないが、「無趣味なヤツはつまらない」なんて言われることもある。無趣味であることに引け目を感じることはあるのだろうか。上記の質問で「ない」と回答した66人に聞いてみた。

〈趣味がないことに、引け目を感じることはある?〉

・引け目を感じたことがある 16.7%(11人)
・引け目を感じたことはない 83.3%(55人)

ほとんどの人は「引け目を感じたことはない」模様。筆者の杞憂に過ぎなかったか。ただ、「引け目を感じたことがある」と回答した人がどんな場面で引け目を感じたのかも聞くと、大きく2パターンに分けることができた。

■趣味の話題になって…
「プライベートの話を振られたとき」(29歳)
「何か趣味ある?と聞かれたとき」(32歳)

■他人の振る舞いを見て…
「何かを深く語れる人を見たとき」(28歳)
「他の人が、何かに夢中になってるのをみたとき」(34歳)

合コンやお見合いの鉄板の質問「趣味はなに?」を聞かれた時は、答えに窮するのは明らか。また、イキイキと趣味の話をする人を前にすると、眩しく感じてしまう人もいるようだ。

ちなみに、「引け目を感じたことがある」と答えた人からは、「人生が楽しめていない。人生を無駄にしている」(28歳)、「もう少し楽しいことがしたい」(36歳)といった寂しげな発言をする人も。無趣味が悪いわけではないが、没頭できる趣味と出会えることはかなり幸せなことなのかもしれない…。

(千川 武)

(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:7/17(日) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。