ここから本文です

能勢の新アウトドア施設に国内最長級ジップライン登場

東京ウォーカー 7/17(日) 7:00配信

京都府と兵庫県に隣接した大阪府能勢町に、国内最大級のアウトドアパーク「冒険の森 in のせ」が、7月23日(土)にオープンする。

【写真を見る】環境にやさしいセグウェイを運転しながら見る大自然は格別

かつて東洋一ともいわれた、大阪府立総合野外活動センターの跡地(約8万平方メートル)を利用した同施設では、体を思いっきり使って楽しめる2つのプログラムを満喫できる。

プログラム1つ目、「ツリー トップ アドベンチャー」は、高所にワイヤーなどを張り、ハーネスを着用して冒険体験ができる。木登りでもアスレチックでもない、森を活かした新感覚の森林冒険施設で、池の上空を滑空する樹間距離536メートルと517メートルの国内でも最長級のジップラインをはじめ、58のアクティビティが体験可能。

「アドベンチャーコース」(3500円)と、「ディスカバリーコース」(2500円)の2コースがあり、総延長距離が1864メートルとまさに国内屈指の規模を誇る。

もう1つは施設内をセグウェイで散策する「フォレスト セグウェイツアー」(3240円※対象は16歳以上)。体重移動とハンドル操作だけで、簡単に乗ることができるから、のんびりと能勢の大自然を堪能するのには最適だ!

森を壊すことなく、自然の地形、樹木をそのまま活かした2つのプログラムは、大人から子どもまで、思わず夢中になってしまうこと間違いなし!【関西ウォーカー】

最終更新:7/17(日) 7:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

なぜ今? 首相主導の働き方改革