ここから本文です

大野智が伊野尾慧に助言「Hey!Say!JUMPに足りないのは”こねる仕事”」!?

Smartザテレビジョン 7/17(日) 7:01配信

7月16日放送の「嵐にしやがれ」(日本テレビ系)のコーナー「大野智の作ってみよう」は、新企画「巨大化シリーズ」が始動。助っ人ゲストに来たHey! Say! JUMP・伊野尾慧と大野が力を合わせて巨大なメロンパン作りにチャレンジした。

身の回りの物を大きく作るという企画だけに、とんがり帽子を被った小人の格好で待っていた大野は、同じく小人コスプレで走ってくる伊野尾を見るなり「似合うな!そういう格好が」とカワイイ後輩をべた褒め。大野は「元々はパン屋になりたかった。元々はっていうか…まだ諦めてないですけどね」と気合十分で、パン作りがスタートした。スタッフの気合も半端ではなく、この企画のために特注した直径4メートルの巨大なパン釜を使って巨大メロンパンを作るという指令を出す。パン作り未経験の伊野尾は、パン生地をこねながら「大野くんのと出来が全然違う」と驚く。大野は「確かに。こねる事あんまりしないでしょ。けっこう嵐って仕事でよくこねてるよ。ソバ作ったりねぇ」と、芸歴の差を見せつけた。それを聞いた伊野尾も「そこだなHey! Say! JUMP。こねていかないと」と妙に納得し、大野も「嵐、マジ結構こねたよ」と謎の自慢をした。

メロンパンの上に被せるクッキー生地作りでは伊野尾が「どうするのぉ?」と甘え声を出したり、変な声を出して笑ったりして作業を中断しがちになる。大野は「何だよやれよ、早く! 俺ばっかやってんじゃん」と、ヘラヘラしている後輩に笑いながらキツめのツッコみを入れた。いよいよ、フォークリフトを使いパンの生地を釜に入れ、250℃の高温で焼くことに。1時間後に出来上がった巨大パンを見て大野は「お好み焼き!? なんじゃこりゃー」とガックリ。味はなかなか上出来であったため、伊野尾は「想像以上のおいしさに感動してます」、大野は「成功じゃん」と企画第一弾としては合格点を出した。

最終更新:7/17(日) 7:01

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

Smartザテレビジョンの前後の記事

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。