ここから本文です

おしゃれ餃子パーティーはワインに合うアレンジで!

東京ウォーカー 7/17(日) 10:00配信

盛り上がること間違いなしの餃子パーティー。「餃子といえばビール!」となりがちだが、時にはワインを合わせてみては? とはいえソムリエ曰く、餃子に合わせるワインが一番難しい…。それなら餃子の方に合わせてもらおう、ということで「洋風ビーフチーズ餃子」をご紹介。コク深い牛と溶ろけたチーズは鉄板の相性だ。安価なひき肉やプロセスチーズでも満足度が高い。

【写真を見る】栄養バランス満点の名脇役「ひじきと豆腐のサラダ」

合わせる副菜は、美肌素材の組み合わせ「ひじきと豆腐のサラダ」や「豆腐とトマトの重ねサラダ」を。汁ものは、見た目にも胃にも優しい「とうがんのとうもろこしスープ」やお手軽「なすとごまの冷製ポタージュ」を合わせて。(栄養士・三澤友貴子)

【主菜】洋風ビーフチーズ餃子(1個分45kcal、塩分0.1g)

<材料・12個・2~3人分>牛ひき肉50g、プロセスチーズ30g、玉ねぎ1/4個、セロリ1/4本、餃子の皮12枚、塩、粗びき黒こしょう、サラダ油

<作り方> (1)玉ねぎ、セロリ、プロセスチーズはそれぞれ5mm角に切る。(2)ボウルにひき肉を入れて塩少々を加え、粘りが出て白っぽくなるまでよく練る。1と粗びき黒こしょう小さじ1/4、水大さじ11/2を加えてさらに練り混ぜる。(3)餃子の皮1枚に2の1/12量をのせ、皮の上半分の縁に水少々をぬる。皮を半分に折ってひだを寄せながら包み、しっかりと閉じる。同様にして合計12個作る。。(4)フライパン(直径26cmくらいの大きめがおすすめ)に油を薄くひく。3を放射状に並べ、火にかける。パチパチと焼ける音がして皮の焼いた面が白くなったら、水75mlを餃子にかからないように注ぎ入れる。ふたをして4~5分蒸し焼きにする。(5)ふたを取って水分をとばしながらさらに焼き、油大さじ1/2を回し入れ、皮がカリッとするまで焼く。器に盛り、好みでタバスコをふって食べる。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:7/17(日) 10:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。