ここから本文です

ツール・ド・フランス第14ステージ、カヴェンディッシュが今大会4勝目!

CYCLE SPORTS.jp 7/17(日) 8:47配信

メルクスの最多区間優勝記録まであと4勝

第103回ツール・ド・フランス(UCIワールドツアー)は、7月16日にモンテリマールからビラール・レ・ドンブ(パルク・デ・オワゾー)までの208.5kmで平坦区間の第14ステージを競い、英国のマーク・カヴェンディッシュ(ディメンションデータ)か集団ゴールスプリントを制して今大会4勝目を上げた。

カヴェンディッシュのツール通算区間優勝回数は30勝になり、ベルギーのエディ・メルクスが持つ34勝の最多区間優勝記録まであと4勝に迫った。

マイヨ・ジョーヌは英国のクリストファー・フルーム(スカイ)が守った。

今年のツール・ド・フランスはここまでの区間優勝者の国籍内訳が、英国が6勝、スロバキア、ベルギー、オランダがそれぞれ2勝、ドイツとオーストラリアが1勝となり、史上初めて14ステージまでに開催国フランス、イタリア、スペイン、ポルトガルが区間優勝していない不名誉な記録が作られてしまった。

カヴェンディッシュのコメント:トラック競技に復活したことが、ここ数年と比較して僕の成績に違いを生んだのかとよく聞かれるが、そうではない。肉体的にはまったく同じだ。またトラックを走ってリフレッシュはしたが、キーポイントは僕が去年よりも辛抱強くなっているということだ。

■第14ステージ結果[7月16日/モンテリマール~ビラール・レ・ドンブ(パルク・デ・オワゾー)/208.5km]
1 マーク・カヴェンディッシュ(ディメンションデータ/英国)5時間43分49秒
2 アレクサンダー・クリストフ(カチューシャ/ノルウェー)
3 ペーテル・サガン(ティンコフ/スロバキア)
4 ジョン・デゲンコルプ(ジャイアント・アルペシン/ドイツ)
5 マルセル・キッテル(エティックス・クイックステップ/ドイツ)
6 アンドレ・グライペル(ロット・ソウダル/ドイツ)
7 ブライアン・コカール(ディレクトエネルジー/フランス)
8 ダビデ・チモライ(ランプレ・メリダ/イタリア)
9 クリストフ・ラポルト(コフィディス/フランス)
10 サミュエル・デュムラン(AG2R・ラモンディアル/フランス)
81 新城幸也(ランプレ・メリダ/日本)

■第14ステージまでの総合成績
1 クリストファー・フルーム(スカイ/英国)63時間46分40秒
2 バウケ・モレマ(トレック・セガフレード/オランダ)+1分47秒
3 アダム・イエーツ(オリカ・バイクエクスチェンジ/英国)+2分45秒
4 ナイロ・キンタナ(モビスター/コロンビア)+2分59秒
5 アレハンドロ・バルベルデ(モビスター/スペイン)+3分17秒
6 ティージェイ・バンガルデレン(BMC/米国)+3分19秒
7 ロマン・バルデ(AG2R・ラモンディアル/フランス)+4分04秒
8 リッチー・ポート(BMC/オーストラリア)+4分27秒
9 ダニエル・マーティン(エティックス・クイックステップ/アイルランド)+5分03秒
10 ファビオ・アルー(アスタナ/イタリア)+5分16秒
137 新城幸也(ランプレ・メリダ/日本)+2時間14分40秒

[各賞]
■ポイント賞(マイヨ・ベール):ペーテル・サガン(ティンコフ/スロバキア)
■山岳賞(マイヨ・アポワ):トーマス・ドヘント(ロット・ソウダル/ベルギー)
■新人賞(マイヨ・ブラン):アダム・イエーツ(オリカ・バイクエクスチェンジ/英国)
■チーム成績(黄ゼッケン):BMCレーシングチーム(米国)
■敢闘賞(赤ゼッケン):ジェレミー・ロワ(FDJ/フランス)

最終更新:7/17(日) 8:47

CYCLE SPORTS.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CYCLE SPORTS 2017年1月号

株式会社八重洲出版

1月号
毎月20日発売

670円

Yahoo!ニュースからのお知らせ