ここから本文です

「なまみのマナミ “Mon amie”」 第8章

MEN’S+ 7/17(日) 0:16配信

【30歳の恋愛白書】ポロリと本音トーク!!

 しかし、果たして“橋本マナミ”、「愛人」と言われることについて、一人の女性としてどう考えているのでしょうか。 
 
 
「嬉しいです嬉しいです! とっても嬉しいことです!! でも、ほんとは『お嫁さんにしたいNO.1』が良かったです(笑)…。でも今さら、この歳になってお嫁さんキャラも、イタいだけじゃないですか(笑々)。学生時代から、愛人キャラで見られることはすごくあったので、自分に向いているんだなぁって思ってました。『おじ様と付き合ってそう』とかって、言われてましたね(笑)。…“愛人”って、男性が求める1番贅沢な領域じゃないですか。奥様も子供もいて、幸せいっぱいの方がそれでも“愛人”が欲しいって思うものですよね。そういう女性のイメージで見てもらえることは、すっごくいい見え方だと…ほんと有り難いこと、光栄です」
 
 
 では、“橋本マナミ”は、リアルに“愛人”体質なのでしょうか?
 
 
「実生活だったらもちろん、本命がいいですよ~。たった一人の私を愛してほしいですね。実際の私は、付き合った人に依存してしまうタイプなんです。ぐいぐい追いかけちゃうタイプなんで…うまく距離感がとれなくなるんです。で、いつもそれが障害になっちゃいますね(笑)。じっと待って3歩下がって着いていく…、実生活でもそんな愛人タイプの行動ができれば、恋愛ももっと楽になるのかなぁって思いますけど…」

【橋本マナミの真面目すぎるセクシー画像11&動画】

メンズ・プラス編集部

最終更新:7/17(日) 0:16

MEN’S+

記事提供社からのご案内(外部サイト)

メンズクラブ

ハースト婦人画報社

2014年12月号
2014年10月24日発売

特別定価:810円

『メンズクラブ』は35歳中心の男性に向け、
リアルに使えて本当に似合う情報を
男性文化の薀蓄をもって提案する
使えるラグジュアリー読本です!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。