ここから本文です

レスターに衝撃! “中盤の心臓”に続き昨季の選手協会MVPマフレズも移籍を決断か

Football ZONE web 7/17(日) 8:21配信

マフレズがレスターが提示した新契約を固辞したと英紙報じる

 レスターは中盤の心臓部、フランス代表MFエンゴロ・カンテがチェルシーに移籍することで合意に達したが、新たに昨季の選手協会選出MVPのアルジェリア代表MFリヤド・マフレズも、この夏に電撃退団する可能性が高まっている。英地元紙「ガーディアン」が報じている。

【写真特集】EURO2016を彩る欧州の美女サポーター写真集

 マフレズは2年前にフランス2部ル・アーブルから加入。昨季17得点11アシストの活躍でプレミアリーグ選手協会選出によるMVPに輝き、「魔術師」の異名を手にしていた。

 ラニエリ監督はオーストリア合宿中に「彼にはとても確信がある。残留を希望しているんだ。彼は楽しんでいるし、笑っている。『監督、移籍したいんだ』と言い出すような人間ではない」と語り、残留を断言したが、それはぬか喜びだったようだ。

 マフレズはレスターから契約延長のオファーを受けていたが、これを固辞。レスターからの移籍を決断したことが明らかになった。マフレズは昨年週給3万5000ポンド(約490万円)で契約を結んだが、新たな契約では2倍以上の8万ポンド(約1120万円)に増額されたという。それでもマフレズは今夏の移籍を希望し、新たな契約にはサインしなかったとレポートされている。

カンテに続く流出なら戦力激減の事態に

 レスターはアーセナル移籍で合意に達していたイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディが残留を決断し、優勝メンバー全員残留への機運が高まっていた。しかし、中盤で圧倒的なボール奪取能力を披露していたカンテはレアル・マドリード、ユベントス、パリ・サンジェルマンという名門からの誘いを蹴り、チェルシー移籍を決めた。

 そして、高速カウンターの起点となっていたマフレズまでもが、移籍を決断したという。ラニエリ監督のみならず、岡崎らチームメイトにとっても衝撃の事態だ。2年連続リーグ優勝、そしてクラブ史上初参戦となるチャンピオンズリーグでの躍進に期待が集まっていたが、一気にチーム力激減の危機的状況を迎えることになった。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/17(日) 8:21

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ