ここから本文です

イグアイン、一転してアーセナル行き? クラブ公式ラジオがトレード案暴露

フットボールチャンネル 7/17(日) 7:00配信

 ナポリ退団が確実視されるゴンサロ・イグアインだが、移籍先はイングランドになるかもしれない。クラブ公式ラジオ『キス・キス・ナポリ』の中でアーセナル移籍の可能性が明かされた。

 同ラジオでパーソナリティを務めるフランチェスコ・マルシアーノ氏は16日、番組の中で「現時点でイグアインがユベントスへ行くという噂は真実だ」と、セリエA王者から獲得の打診があったことを認めた。

 一方で「ピピータ(イグアインの愛称)は結局ナポリを出て国外へ行くのではないかと思っている」と宿敵への移籍を疑問視している。

 それには明確な理由があった。マルシアーノ氏は続けて「彼はアーセナル加入でほぼ決まりのはず。現時点でガナーズは移籍金5000万ユーロ(約69億円)+オリビエ・ジルーの譲渡を提示してきている。アーセナルは選手を売って資金を増やそうとしているんだ」と、国外移籍説の根拠としてイグアインに対する具体的なオファーの存在を暴露した。

 これらの発言はナポリの管轄下にあるラジオで放送されたものであるため、契約解除に必要な違約金の満額にあたる9400万ユーロ(約110億円)を支払ってエースを引き抜こうとしているユベントスをけん制するための意図的なリークかフェイクの可能性もある。

 しかし絶対的な得点源を欲しているアーセナルの思惑と、イグアインを契約満了前に売りたいナポリの利害は一致しており移籍の可能性そのものを否定することはできない。果たしてセリエAの歴史を塗り替えたストライカーはどこへ向かうのか。しばらく報道が過熱しそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:7/17(日) 8:21

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。