ここから本文です

本田不在のミラン、新監督初戦は“代役”が躍動! 右WGスソの2ゴールで快勝

フットボールチャンネル 7/17(日) 11:58配信

【ボルドー 1-2 ミラン 親善試合】

 イタリア・セリエAのミランが現地時間の16日にフランス・リーグアンのボルドーと親善試合を行なった。

 ヴィンチェンツォ・モンテッラ新監督にとって初めての実戦となった同試合。日本代表FW本田圭佑は遠征自体に帯同していないため、欠場となっている。

 モンテッラ監督は4-3-3の布陣を採用。ミランのスターティングメンバーは以下。

GK:ドンナルンマ
DF:アバーテ、パレッタ、ロマニョーリ、アントネッリ
MF:ポーリ、ベルトラッチ、ボナベントゥーラ
FW:スソ、メネズ、ニアン

 本田が欠場した右ウイングには、昨季ジェノアにレンタル移籍し後半戦で6ゴール2アシストとミニブレイクを果たした22歳FWスソが入る。すると、そのスソが早速結果を出した。

 29分にモンテッラ監督らしい前線からのプレッシングでボールを奪うと、スソがボールを拾ってそのままシュート。ミランに先制点をもたらした。さらには38分に右サイドから中央に切り込んで得意の左足でミドルシュート。再びゴールを決める。

 75分に1点を返されたミランだが、そのまま2-1でモンテッラ監督の初陣を勝利で飾っている。

【得点者】
29分 0-1 スソ(ミラン)
38分 0-2 スソ(ミラン)
75分 1-2 マルコム(ボルドー)

フットボールチャンネル

最終更新:7/17(日) 12:14

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。