ここから本文です

リーガの今季日程発表! CL 覇者レアルは日本往復、クラシコを含む「死の5連戦」という12月の試練

Football ZONE web 7/17(日) 15:30配信

FIFAクラブW杯で来日

 リーガ・エスパニョーラは8月20日に開幕する2016-17シーズンの日程を発表した。開幕戦では昨季王者バルセロナはホームでベティスを、日本代表MF清武弘嗣が加入したセビージャは本拠地サンチェス・ビスファンにエスパニョールを迎え、元日本代表MF乾貴士所属のエイバルはアウェーでデポルティーボ・ラコルーニャと戦う日程となっている。また世界中が注目するバルサとレアル・マドリードの「エル・クラシコ」は12月3日か4日、2戦目は来年4月22日か23日に行われる。

【写真記事】英メディア選定「FKキッカー世界トップ5」 中村俊輔もランクイン

 昨季欧州チャンピオンズリーグ覇者のレアルにとっては12月が非常に厳しい日程となる。12月初戦で敵地カンプ・ノウでのクラシコを戦った後、6日か7日にはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ最終節を迎える。そして10日か11日にデポルティボ戦に臨んだ後に待ち受けるのは、日本で開催されるFIFAクラブワールドカップだ。準決勝は15日、決勝もしくは3位決定戦は18日に行われる。2週間の日本への往復を含めて、バルサ、CLのGS最終戦をふくめて計5試合も戦うという超ハードスケジュールとなる。

注目のバルサーレアルは12月にカンプ・ノウで激突!

 過密日程の中でウェールズ代表FWギャレス・ベイル、元フランス代表FWカリム・ベンゼマ、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドで形成する看板3トップ「BBCトリオ」らのコンディション維持は大きなカギを握る。CLグループステージで第5節までに決勝トーナメント突破を決めておいて、ローテーション制も採用できるか否かが“勝負の12月”の命運を分けることになりそうだ。

 リーガ開幕節の対戦カードは以下の通り。(左がホーム開催チーム)

グラナダ-ビジャレアル
アトレチコ・マドリード-アラベス
セルタ-レガネス
マラガ-オサスナ
バルセロナ-ベティス
バレンシア-ラス・パルマス
セビージャ-エスパニョール
デポルティボ-エイバル
スポルティング・ヒホン-アスレティック・ビルバオ
レアル・ソシエダ-レアル・マドリード

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/17(日) 15:30

Football ZONE web