ここから本文です

今年の夏はボランチの玉突き移籍祭り!? ポグバ移籍濃厚のユーベがカンテ加入で揺れるチェルシーMFを標的に

Football ZONE web 7/17(日) 19:08配信

セルビア代表マティッチ獲得急浮上

 ユベントスがチェルシーのセルビア代表MFネマニャ・マティッチの獲得に乗り出していると英紙「デイリー・スター」が報じている。

英メディアが世界最強の「左利き」と「右利き」のベストイレブンを選出!

 ユーベのボランチはフランス代表MFポール・ポグバが務めているが、今夏にフットボール史上最高額を塗り替える1億500万ポンド(約142億円)の移籍金でマンチェスター・ユナイテッド復帰へ迫っているという。ポグバの移籍が実現すれば、ユーベにとっては大きな痛手となる。

 そこで後釜として白羽の矢が立てられたのが、マティッチだ。ボール奪取力に優れ、攻守で献身的なセルビア代表MFは2014年にベンフィカからチェルシーに復帰。2014-15シーズンにはチームの主力としてプレミアリーグ制覇に大きく貢献した。

 しかし、チェルシーは今夏、昨季プレミア優勝のレスター・シティからフランス代表MFエンゴロ・カンテを獲得。今季はカンテが中盤のキーマンと期待されており、マティッチの出場機会は激減することが予想されている。

 マティッチの違約金は1500万ポンド(約21億円)に設定されていると伝えられている。マティッチ移籍が成立した場合、今オフの欧州移籍市場でのボランチの玉突き人事は活性化しそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/17(日) 19:08

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。