ここから本文です

レスター、ついに“解体”始まる? 殊勲の俊足ドリブラーが今夏の移籍を希望か

フットボールチャンネル 7/17(日) 17:30配信

 レスター・シティ指揮官のクラウディオ・ラニエリ監督は、相次ぐ主力の放出に頭を悩ませているようだ。16日付の英紙『ガーディアン』が報じている。

 レスタは、昨季に奇跡のリーグ制覇を成し遂げた。その優勝の立役者となった主力たちをこれまで残留させて来たが、チェルシーへ移籍したフランス代表MFエンゴロ・カンテの退団を皮切りに相次いで退団希望者が出始めている。

 その1人が、俊足ドリブラーのアルジェリア代表MFリヤド・マフレズだ。クラブは同選手をチームに引き止めるために現在の年棒の2倍以上の額となる500万ユーロ(約5億円)の更新オファーを提示したが、同選手はそのオファーを断ったようだ。

 マフレズの契約が切れるのは2019年。クラブとまだ3年間も契約が残っているにもかかわらず、同選手はその契約更新オファーを断ったどころか、今夏の退団さえも希望しているとみられている。そのために同選手は代理人に別のクラブを探すよう要求したようだ。

 現在25歳のマフレズは、フランスリーグ2部のル・アーヴルから2014年にレスターへ移籍。昨季には公式戦39試合に出場して18ゴール10アシストを決め、アーセナルやバルセロナといったビッグクラブから興味を示されている。

 相次ぐ主力の退団に優勝チームの解体の音が聞こえ始めているレスター。ラニエリ監督の新シーズンは急坂発進となりそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:7/17(日) 18:28

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。