ここから本文です

“予告PK失敗男”ペッレ、中国デビュー戦でPKチャンスもキッカー拒否!

Football ZONE web 7/17(日) 21:10配信

18億円超の年俸で山東魯能加入も伊代表ストライカーの心の傷は癒えず…

 アズーリのストライカーにとって、欧州選手権(EURO)での悪夢のPK失敗は大きな心の傷になっているようだ。今夏の移籍市場でイングランドプレミアリーグのサウサンプトンから中国1部の山東魯能に移籍したイタリア代表FWグラツィアーノ・ペッレが、デビュー戦でPKのチャンスでキッカーを拒否している。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。

【随時更新】EURO2016を彩る欧州の美女サポーター写真集

 ペッレはEURO準々決勝ドイツ戦のPK戦で4人目に登場した。世界最高GKとも呼び声の高いドイツ代表マヌエル・ノイアーのプレッシャーを感じたのか、ペッレは突如としてキックを蹴る方向を予告したばかりか、ループシュートの弾道をジェスチャーで予告。しかしノイアーは全く動じることなくゴールに構えると、ペッレのシュートは全くボールにヒットせず、力なくゴールポストのはるか左へ転がっていく衝撃の失敗を犯していた。

 失意のペッレは大会後に同紙の取材に対して「ここに来るまで僕は何者でもなかった。そして、何者でもないまま去っていくよ」と落胆のコメントを残していた。しかし、その後は中国の山東との移籍交渉がまとまり、年俸ランキングで世界第6位に入るとされる1600万ユーロ(約18億7000万円)の超高給をゲットして移籍していた。

流れの中でもゴールを奪えず苦い初陣に

 そのデビュー戦となった16日の遼寧宏運戦でペッレはスタメン出場。1点ビハインドの前半45分にチームはPKのチャンスを得たが、注目のペッレはキッカーに名乗りを上げずに拒否した。結局、チームメートのMFダミアン・モンティージョがキッカーを務めて成功。1-1の引き分けに終わった。フル出場のペッレはゴールを奪うことはできず、後半にイエローカードを1枚もらってデビュー戦を終えている。

 今季AFCチャンピオンズリーグにも出場した山東は、18試合を終えた時点で勝ち点17と大苦戦している。世界で10本の指に入る高給取りとなったペッレは、チームを復活に導けるのか。そして、今後PKのキッカーを務めることはあるのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/17(日) 21:10

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。