ここから本文です

【順位表&結果】浦和、大宮とのシーソーゲームは引き分け。上位陣も軒並みドロー

フットボールチャンネル 7/17(日) 21:29配信

J1 2ndステージ第4節

 明治安田生命J1リーグ2ndステージ第4節が17日に開催された。

 1stステージ王者の鹿島アントラーズはヴァンフォーレ甲府と対戦し痛恨の引き分け。しかし、川崎フロンターレやガンバ大阪、横浜F・マリノスなどの上位陣も軒並みドローとなった。

 また、浦和レッズと大宮アルディージャの”さいたまダービー”は観客数5万人超が訪れる中で点の取り合いとなり、シーソーゲームとなった試合は2-2の引き分けに終わっている。

浦和と大宮、両者譲らず2-2の引き分け

甲府 3-3 鹿島
神戸 2-0 湘南
磐田 1-1 川崎
浦和 2-2 大宮
FC東京 0-1 柏
新潟 1-2 仙台
G大阪 0-0 福岡
広島 2-2 横浜FM
鳥栖 0-0 名古屋

1stステージ王者の鹿島は甲府に引き分け

1位 川崎フロンターレ(48)
2位 鹿島アントラーズ(46)
3位 浦和レッズ(43)
4位 サンフレッチェ広島(34)
5位 横浜F・マリノス(32)
6位 ガンバ大阪(32)
7位 大宮アルディージャ(32)
8位 柏レイソル(31)
9位 ヴィッセル神戸(27)
10位 FC東京(26)
11位 ジュビロ磐田(26)
12位 ベガルタ仙台(26)
13位 サガン鳥栖(25)
14位 湘南ベルマーレ(19)
15位 アルビレックス新潟(18)
16位 名古屋グランパス(18)
17位 ヴァンフォーレ甲府(17)
18位 アビスパ福岡(15)

フットボールチャンネル

最終更新:7/17(日) 22:03

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。