ここから本文です

高級時計のアンバサダー、「顔」はいずれも男性トップアスリート

Forbes JAPAN 7/17(日) 8:00配信

フォーブスは今年6月、最新の「世界で最も稼ぐスポーツ選手」ランキングを発表した。それによると、ランク入りした選手たちは収入の約29%を広告契約料やイベント出演料から得ていた。そして、興味深いことに彼らの多くが、高級時計ブランドのアンバサダーであることが分かった。中には自分の名前を冠した時計がつくられている選手もいる。

【ランキング】世界で最も稼ぐスポーツ選手

同ランキングのトップ10に入る男性スポーツ選手のうち、8人が時計ブランドと提携している(または提携したことがある)。

例えばランキング1位のクリスティアーノ・ロナウドは現在、タグ・ホイヤーのブランドアンバサダーだ。年収は推定8,800万ドル(約92億円)、世界最高のサッカー選手に与えられる個人賞、FIFAバロンドール賞を3回受賞したロナウドは、タグ・ホイヤーの「プレッシャーに負けるな」広告キャンペーンの一員だ。ロナウドにインスピレーションを受けてつくられたタグ・ホイヤーのフォーミュラ1 42mmは、所属チーム、レアル・マドリードのチームカラーに準じた黒と緑になっている。

ランキング4位のロジャー・フェデラー(テニス)は推定年収6,780万ドル(70.6億円)。彼はロレックスのブランドアンバサダーだ。グランドスラム優勝17回のフェデラーは、ロレックスオイスター パーペチュアル デイトジャストを愛用している。

ランキング6位のノバク・ジョコビッチ(テニス)はセイコーのブランドアンバサダー。彼に敬意を表したソーラーGPS衛星電波時計、セイコーアストロン ノバク・ジョコビッチ限定モデルがある。

ランキング8位と9位のフィル・ミケルソンとジョーダン・スピース(共にゴルフ)はいずれも、ロレックスのブランドアンバサダーを務めている。

10位に入ったのは、最近引退したコービー・ブライアント(バスケットボール)。NBAオールスターに15回出場し、オリンピックでは2度の金メダルに輝いている。彼と提携したウブロは、これまでに彼の名前をつけた3つのモデルを発表している。2013年のザ・キングパワー ブラックマンバ クロノグラフ、2015年のビッグバン ウニコ クロノグラフ キングゴールド コービー・「ヴィーノ」・ブライアント。そして最近発表された、クラシックフュージョン コービー・ブライアント ヒーローヴィランだ。

また、ランキング2位のリオネル・メッシは推定年収8,100万ドル(約84.3億円)超。メッシは長年、オーデマ・ピゲのブランドアンバサダーを務めている。そして、彼への敬意を表したモデルは、ロイヤルオーク リオ・メッシ クロノグラフだ。500個のみの限定モデルで、既に売り切れている。

ランキング3位のレブロン・ジェームズ(バスケットボール)もかつては、メッシと同様オーデマ・ピゲのブランドアンバサダーだった。NBAで4回のMVPに輝いたジェームズと同ブランドとのコラボレーションによって作られたのが、ロイヤルオーク オフショア クロノグラフ「レブロン・ジェームズ」限定モデル。これも既に完売している。

Forbes JAPAN 編集部

最終更新:7/19(火) 15:52

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。