ここから本文です

ゲーム史上最も売れた5作品 首位はモバイルで4億件以上の課金DL

Forbes JAPAN 7/17(日) 12:00配信

毎年のように新たなヒット作を生み出し、成長を続けるゲーム業界。何億ドルもの売上を達成した歴代人気タイトルには、様々な種類がある。新作が続々と誕生しても、上位タイトルが入れ替わることは当分ないだろう。ここではゲーム史上最も売れた5タイトルを紹介する。



5位:スーパーマリオブラザーズ(売上本数:4,000万本以上)
スーパーマリオブラザーズは、任天堂のファミコン用にリリースされたシリーズ第1作目だけで4,000万本以上を売り上げたゲーム史上最高傑作の一つだ。古いタイトルながらこれだけの実績を残しているのは、もともとは他のゲームと一緒にファミコン本体とセットで売られたためだ。この数字には再リリース版やバーチャルコンソール版の実績は含まれていない。驚くことに、スーパーマリオブラザーズはこれだけの販売実績を誇りながら、任天堂の歴代ランキングで1位を獲得していない。

4位:グランド・セフト・オート5(売上本数:6,500万本)
ゲーム史上最も成功したタイトルの一つであるグランド・セフト・オート(GTA)5は、売上本数6,500万本の大半が60ドルのパッケージ版で、コール オブ デューティやポケモン、アサシン クリードなどの競合タイトルがかすむほどの圧倒的な実績を誇る。GTAシリーズの暴力的な内容には長年批判が絶えないが、これまで新作は常に前作を上回るヒットを記録してきた。GTA5は、同梱されているオンラインモード「GTAオンライン」内のアイテム課金によってゲーム自体の売上とは別に莫大な収益を稼いでいる。

3位:Wiiスポーツ(売上本数:8,278万本)
Wiiスポーツは、マリオやゼルダ、メトロイド、ドンキーコングなどを抑え、任天堂の歴代売上1位に輝いた。モーション・コントロール・システムを搭載したWiiリモコンを使い、スポーツのミニゲームを老若男女を問わず楽しめることで爆発的な人気を博した。任天堂のゲームでは群を抜く実績を誇り、今後Wiiスポーツの販売本数を超えるタイトルが現れるかは不明だ。

2位:マインクラフト(売上本数:1億686万本)
マインクラフトはインディーゲームとしては異例の大成功を収め、開発者のマルクス・ペルソン(通称ノッチ)はビリオネアとなった。当初はPC版がヒットし、その後モバイル版、コンソール版などもリリースされた。現在でもマインクラフトで育った若者世代を中心に根強い人気を誇る。2014年にはマイクロソフトがマインクラフトの開発会社を買収した。

1位:テトリス(売上本数:4億9,500万本)
ゲーム史上最も有名なゲームと言えるテトリスにもはや説明は不要だろう。古くはコモドール64からiOSやアンドロイドスマホまで、これまで開発されたほぼ全てのゲーム端末で遊ぶことができ、今なお高い人気を誇る。4億9,500万本という数字はベンチャービートの取材に対し、開発者のヘンク・ブラウアー・ロジャースが明かした数字。テトリスはモバイルで4億2,500万件の有料ダウンロードを達成しており、ゲームボーイ版とパッケージ版で約7000万本が販売された。

Paul Tassi

最終更新:7/17(日) 12:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。