ここから本文です

【J1採点&寸評】甲府×鹿島|甲府が第1ステージ王者・鹿島から勝点1。デビュー戦の新助っ人が躍動!!

SOCCER DIGEST Web 7/17(日) 23:01配信

甲府――鹿島アタッカー陣を相手に新井、土屋らが健闘。

[J1第2ステージ4節]甲府3-3鹿島/7月17日/中銀スタ
 
【チーム採点・寸評】
甲府 6
相手のミスにも助けられたが、第1ステージ王者からの勝点1獲得は評価に値。3失点の守備も、そこまで悲観すべきものではない。
 
 
【甲府|採点・寸評】
GK
1 河田晃兵 6
1失点目は杉本のシュートに反応していたものの、惜しくも弾き切れなかった。フィードが安定しなかった面はあったにせよ、及第点は与えられる。
 
DF
41 土屋征夫 6(68分 OUT)
後半途中に交代するまで、球際への激しい守備を遂行。前に出てアグレッシブにインターセプトを狙うプレーで、最終ラインを引き締めた。
 
8 新井涼平  6
相手に押し込まれる時間が長かったが、ラインを上手くコントロールし3バックを統率。金崎や土居に対してはしつこく食らいつき、自由を奪った。
 
17 津田琢磨 5.5
開始5分程度は右ウイングバックでプレーし、その後は松橋と入れ替わって3バックでプレー。大半は安定していたが、6分の失点時は背後を西に突かれた。
 
16 松橋 優 5.5
マッチアップした西の攻め上がりにややてこずり、背後を突かれる場面が散見。負傷を抱えている影響もあってか、前線でボールを呼び込むシーンも限られた。
 
28 橋爪勇樹 6
相手に前に入られてしまった3失点目の対応は反省点。一方で縦パスや鋭い突破で攻撃に関与する場面も徐々に増え、正確なプレースキックでチーム2点目を演出した。
 
MF
23 稲垣 祥 6
田中のクロスにタイミング良くゴール前へ侵入して先制点を奪取。守備に時間を費やしながらも、味方が高い位置でボールを持てば、スペースでパスを引き出そうと試みていた。
 
20 黒木聖仁 6
相手のパスコースを限定させようと、時に高い位置からもプレスを仕掛ける。守→攻へ切り替わった際、判断がやや遅れて気味だったが、打点の高いヘッドでの2点目を踏まえて及第点に。
 
14 田中佑昌 5.5(63分 OUT)
敵陣左サイドのスペースを突いて先制点の起点に。第1守備者としても、小笠原や柴崎へのプレスもそつなくこなしていたが、時間の経過とともにややルーズになったか。
 
13 河本明人 5.5
持ち味の突破力を発揮し切れず、攻撃面では消化不良に。対して守備では、最終ラインまで戻って山本とのマッチアップを制するなど、献身的に働いた。

J1リーグ 順位表

1/3ページ

最終更新:7/17(日) 23:02

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。