ここから本文です

【J1採点&寸評】磐田×川崎|CB大井の強気なラインコントロールが光る。4戦連続弾の小林悠も評価

SOCCER DIGEST Web 7/17(日) 22:07配信

最終ラインを統率した大井がMOM。注目された小林祐は“違い”を作れず。

【チーム採点・寸評】
磐田 6.5
二度目の2トップを採用し、前線の迫力は確実に増した。一方の守備は、最終ラインを高く設定し、コンパクトな陣形で何度もオフサイドにひっかける狙いが奏功。組み立てに課題は残るが、攻守両面とも上々の内容だった。
 
川崎 5
主導権は握ったものの、崩しの局面に入ると呼吸がやや合わず。意表を突くプレーも少なく、攻撃に変化に乏しかった印象。相手の術中にハマって何度もオフサイドにかかるなど、最後まで精彩を欠いた。
 
【磐田|採点・寸評】
GK
31 志村 滉 6.5
押し込まれる時間が続いたなか、中央に通されたパスに素早く反応するなど好判断。後半に1失点も、小林のミドルを食い止めるなど随所でチームを助けた。
 
DF
3 大井健太郎 6.5
最終ラインを高い位置に設定して、全体をコンパクトに統率。裏を突かれて危ない場面を突かれており、終盤は連係が乱れた。
 
44 パパドプーロス 5.5(73分OUT)
1対1の競り合いで絶大な強さを発揮。とりわけ潰しにかかる際の迫力は群を抜いていた。しかし、後半はやや寄せが遅くなり、小林に振り切られて失点。
 
35 森下 俊 6
中村と声を掛け合いながら、マークの受け渡しを続けた。後方のスペースをケアしつつ、サイドにも目を光らせるなど、多くの仕事をこなした。
 
MF
2 中村太亮 5.5
守備の場面で、小林とエウシーニョのマークに迷う場面も。川辺にパスを通して先制弾の起点になったものの、それ以外では攻撃の持ち味を発揮できず。
 
13 宮崎智彦 5.5
中央突破を警戒しながらスペースを埋めた。警告を受けて以降、激しいプレーを自重した感もあり、終盤は中央から突破される回数が増えた。 
 
40 川辺 駿 6
身体を張った守備で存在感。53分には左サイドを駆け上がり、先制点をアシストするなど攻撃面は評価したい。ただ失点場面では、大島の寄せが甘く、その分を差し引いた。
 
9 太田吉彰 6
攻撃面でスピードを活かす場面は少なく、むしろ守備でその献身性が光った。終盤でも持ち前の脚力を維持し、激しいアップダウンを繰り返した。
 
4 小林祐希 5.5(84分OUT)
ジェイとの連係で中央を打開するなど、前を向けば怖さを発揮。ボールを上手く収めて攻撃の起点となるも、“違い”を作る存在とはまだ言えない。
 
 

J1リーグ 順位表

1/3ページ

最終更新:10/28(金) 21:17

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。