ここから本文です

柏木の鮮烈FK、江坂の豪快ヘッド――さいたまダービーは、ともに死力を尽くした2-2ドロー

SOCCER DIGEST Web 7/17(日) 21:26配信

お互いにチャンスを作ったが、勝負を決める最後の1点は生まれず。

[J1第2ステージ4節]浦和2-2大宮 7月17日/埼玉
 
 J1第2ステージ4節の浦和対大宮(さいたまダービー)が7月17日、埼玉スタジアム2002で行なわれ、2-2で引き分けた。
 
 互いに厳しく局面で身体を張る鍔迫り合いが続くなか、先手を取ったのは浦和だった。37分、エリア付近で得たFKを、柏木が直接決めて先制。左足から放たれたシュートは、鮮やかな軌道でニアサイドのゴール上角に吸い込まれた。
 
 一方の大宮は、N・ペチュニクと江坂の2トップを軸に反撃を仕掛ける。前半終了間際の45+4分には、その江坂がCKにヘッドで合わせてネットを揺らし、1-1のタイスコアに戻した。
 
 後半は浦和が前がかりになった影響で、ややオープンな撃ち合いになった。浦和は柏木の展開力を活かしてサイドから圧力をかけ、大宮はそれを受け止めてカウンターを狙った。
 
 そうした展開が続くなか、2点目を先に奪ったのは浦和だった。59分、右サイドを突破した関根がクロスを供給。ニアサイドに走り込んで相手のマークを外した武藤が、ヘッドで沈めて再びリードを奪う。
 
 しかし、これで試合は終わらない。大宮は68分、右サイドでボールを受けたマテウスがそのままゴール前に持ち込み、エリア外から豪快にミドル。これがニアサイドに突き刺さり、2-2の同点に持ち込んだ。
 
 直後には浦和の武藤が最終ラインの裏に抜け出し、飛び出して来た相手GKの脇を抜くグラウンダーのシュートを放つが、これはゴール左へ。
 
 対する大宮は、泉澤がキレのあるドリブル突破でチャンスメイクし、自らのシュートやN・ペチュニクの決定機につなげるが、いずれもゴールを奪うには至らない。
 
 試合終盤には、ズラタンのクロスに柏木が合わせてヘッドを放ち、さらに森脇がエリア内でシュートを狙うも、いずれもGK加藤の正面を突いてゴールはならず。

 一方の大宮も清水のシュートが枠を外れるなど、惜しいチャンスを逃した。
 
 結局、試合はそのまま2-2で終了。浦和の連勝は5で止まり、大宮は3試合連続のドローとなった。

最終更新:7/17(日) 21:28

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ