ここから本文です

いんげんのだしマリネで彩りのもう一品! 3分でできる3種類のおかずレシピ

CREA WEB 7/17(日) 12:01配信

 野菜や肉などを、粉末だしを使って「だしマリネ」しておくだけで、ぐんとおいしさがアップ! だしの力で素材の旨みを引き出しているので、時短&ヘルシーな仕上がりに。副菜からメイン料理まで、たったの3分で作れる“もう一品”クッキング。忙しい毎日の食事に、だしマリネを取りいれてみませんか? 

Instagramの専用アカウントでも情報を発信中! 

● 今回使うのは……「いんげんのだしマリネ」

 煮浸しのような感覚で作る、いんげんのだしマリネ。粉末だしによって青臭さがなくなり、さっぱりした味わいの中にコクのある味わいに。

 耐熱容器に両端をカットしたいんげんと、水400ccに対して粉末だし大さじ1、もしくはだしパック1袋を入れて、軽くラップをしレンジ(500ワット)で3分ほど加熱(レンジ加熱の時間は目安です。様子をみながら少しずつ加熱して、好みの軟らかさにしてください)。そのまま粗熱をとり、冷蔵庫で保存します。

だしマリネとは? 

えびといんげんのチリマヨ炒め

 だしによって旨みがアップしたいんげんのおかげで、少ない調味料でも味が決まります。優しい味わいのチリマヨで、ご飯がすすむおかずになります。

■ 材料(2人分)
いんげん(2等分にカット):4本
だしマリネのだし汁:大さじ1/2
えび(殻をむき背わたをとる):6尾
スイートチリソース:大さじ1/2
マヨネーズ:大さじ1/2
レモン汁:少々
オリーブオイル:適宜
飾り用レモン(4分の1輪切り):適宜

■ 作り方
(1) フライパンにオリーブオイルをひき、えび、いんげんの順に入れて炒める。
(2) スイートチリソースとマヨネーズ、だし汁を混ぜ合わせ(1)にかけ混ぜ炒める。レモンを搾って出来上がり。

いんげんの黒七味カレースープ

 だし汁にカレー粉をプラスして、さっぱり、スパイシーな後味の和スープ。水溶き片栗粉を加えて、とろみをつけてもおいしいです。黒七味がない場合は、七味を使ってももちろんOK。お好みの辛みで味わって下さい。

■ 材料(2人分)
・いんげん(2cm幅にカット):3本分
・鶏肉:1/2枚
・玉ねぎ:1/4個
・カレー粉:小さじ1/8
・だしマリネのだし汁:400cc
・醤油:少々
・黒七味:適量
・塩胡椒:各少々
・サラダ油:適量

■ 作り方
(1) 鍋を火にかけ、サラダ油をひき、鶏肉、玉ねぎを炒める。
(2) (1)にだし汁を加え、カレー粉、醤油、いんげんを加えて煮る。
(3) (2)を塩胡椒で味を調えて、器に盛り、黒七味を散らす。

1/2ページ

最終更新:7/17(日) 12:01

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2017年1月号
12月7日発売

定価780円(税込)

食べてのんびり、また食べる
ゆるむ、台湾。

Jun.K(From 2PM)「これからも僕らは」
台湾二大人気占い師が占う「2017年わたしの運命」

ほか