ここから本文です

夏に楽しむ ハーブのお茶

NHKテキストビュー 7/17(日) 15:00配信

春に植えたハーブは、この時期、収穫の最盛期を迎えます。市販の水耕(すいこう)栽培品とは異なり、土で育てたハーブはとても豊かな香味です。「増えて使いきれない」、「使い道がわからない」と言う声がよく聞かれますが、お料理からボディーケアまで、暮らしのなかでもっと気軽に使えたらよいですよね。今回は、ハーブ研究家の草分け的存在、外山たらさん、ミチコさんご夫妻に、おすすめの楽しみ方を伺いました。撮影:田渕睦深





* * *



収穫したてのハーブをポットにたっぷり。湯を注ぐと、ふわーっとさわやかな香りが広がります。ミチコさんが夏の水分補給にすすめてくれたのは、レモン3兄弟と言われるレモングラス、レモンバーム、レモンバーベナのブレンドティー。シトラールと呼ばれる芳香成分で、リフレッシュできます。



「こして、冷蔵庫で冷やすのも夏の定番です。利尿作用があるので、体もスッキリ。むくみ防止にも」



もう一つのおすすめは、モロッコ風ミントティー。これはいれ方にコツがあります。ミントの香りが強いので、注いだ湯を一度捨ててメンソールを飛ばし、いただくのは二煎(ふたせん)目から。とてもマイルドで飲みやすくなります。


■リフレッシュティー


材料(2カップ分)

レモンバーム(葉) … 約15枚

レモングラス … 1本

レモンバーベナ(葉) … 約15枚

熱湯 … カップ2



作り方

1 ハーブを軽く水洗いし、水けをきる。レモングラスは長さがあるが、切らずにリング状に巻く(ハサミなどの金けを嫌うため)。

2 ポットにハーブを入れ、熱湯を注ぐ。ふたをして、湯が緑色になるまで5分間ほど蒸らす。


■モロッコ風ミントティー


材料(作りやすい分量)

ミント(葉。スペアミント、アップルミント、ペパーミント) … ひとつかみ

氷砂糖 … 適量

熱湯 … カップ3



作り方

1 ハーブを軽く水洗いし、水けをきる。

2 ポットにハーブを入れ、熱湯(分量外)を注いで一度捨てる。

3 ポットの中に氷砂糖を入れ、再び熱湯を注ぐ。ふたをして、湯が緑色になるまで3~5分間ほど蒸らす。注ぐときには日本茶の要領で、各グラスに少しずつ注いで濃さを均一にする。



■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2016年7月号より

NHK出版

最終更新:7/17(日) 15:01

NHKテキストビュー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

NHKテキストビュー

NHK出版

NHKテレビ・ラジオ番組の
各種テキスト 好評発売中!

料理・健康から生活情報まで、暮らしに役立つ
確かな情報満載のNHKテキストから、
選りすぐりのトピックスをお届けする情報サイト

なぜ今? 首相主導の働き方改革