ここから本文です

「ハゲがいない時代」到来? 再生医療の研究に歓喜

R25 7/18(月) 7:00配信

京セラ、理化学研究所、オーガンテクノロジーズの三者は、毛髪を生み出す「毛包器官」を再生することで「脱毛症」を治療する再生医療技術を共同で研究することを7月12日に発表。2020年の実用化を目指すという現実味を帯びた内容だったこともあり、ネットでは、薄毛に悩む人たちを中心に歓喜の声が広がっている。

チームリーダー・辻孝氏を中心とする研究チームは2012年、毛包器官のもととなる細胞群「毛包原基」を再生する技術を開発。これを毛のないマウスに移植すると、毛包器官へと成長し、マウスにおいて毛を再生できることは実証済みであるという。今回の共同研究発表では、いよいよヒトへの臨床応用に向けての研究をスタートさせ、三者の得意分野を生かして実用化を目指すとのこと。

Twitterには、

「株を買って応援したい。はやく実用化してもらいたい。なんなら、治験も厭わない」
「間に合わなくなってしまいます早くして下さいお願いします何でもしますから」
「これは…がんばってください。期待してます」
「京セラがハゲ治療始めるのか。男としてこれは期待したい」

と、期待する声が多数投稿されていることからも、毛髪を再生する技術がいかに待ち望まれたものだったかがうかがえる。さらに、

「将来は『ハゲ!?それって何!?』って時代が来るかもしれません」
「今の学生がハゲはじめる頃までには、お金さえあればハゲは治せる時代になりそう」

と、早くも薄毛の人がいなくなる時代が予見されるほど、大きな盛り上がりをみせている。

実用化された際には、患者の毛包から幹細胞を採取して加工、その後に移植する方法が取られるという。特に数が多いとされる男性型脱毛症には、医療機関で少数の毛包を採取し、受託製造会社で、その毛包から幹細胞を分離、培養、増幅させるようだ。なお、マウスでの実験において、再生された毛は通常の毛髪と同様に、伸びては抜け、生え変わるという周期を繰り返すことが確認されているとのこと。

日本全国で1800万人以上が脱毛症に悩むともいわれるなか、大きな希望をもたらした今回の発表。近い将来、本当に“薄毛の恐怖”から解放される日が来るかもしれない。
(山中一生)
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:7/18(月) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。