ここから本文です

中山美穂、約2年ぶりドラマ主演で竜星涼を徹底調教!

Smartザテレビジョン 7/18(月) 8:30配信

山田詠美の著作をドラマ化した「連続ドラマW 賢者の愛」(8月20日(土)スタートWOWOWプライム)で、主演の高中真由子役を中山美穂が務めることが分かった。

【写真を見る】真由子(中山)の初恋相手と結婚し、彼女の人生を狂わせる女性を演じる高岡早紀

本ドラマは、恋愛小説を得意とする山田詠美が谷崎潤一郎の「痴人の愛」になぞらえて、主人公の女性が初恋の人と親友の間に生まれた息子を、20年の歳月をかけて“自分好みの男”に調教していく愛憎劇。背筋の凍る心理戦を軸に、友情、恋愛、親子、さまざまな人間関係と、それを取り巻く感情の揺らぎを鮮烈に描く。

主演の中山は、WOWOWオリジナルドラマは初出演で、連ドラ出演は約2年ぶり。中山演じる真由子は、美しさと賢さを併せ持つ凛とした大人の女性という設定。親友の息子で25歳年下の青年・澤村直巳(竜星)を調教し、復讐(ふくしゅう)の道具として仕立て上げるという役どころだ。

また、真由子(中山)の初恋相手と結婚し、彼女の人生を狂わせる女性、澤村百合役で高岡早紀が出演。

そして、百合の息子で、真由子に絶対の服従心を抱く青年の澤村直巳役には、「獣電戦隊キョウリュウジャー」('13年テレビ朝日系)や現在放送中の「こえ恋」(毎週金曜夜0:52-1:23テレビ東京ほか)に出演する竜星涼が抜てきされた。

そのほか、真由子の母に朝加真由美、父に榎木孝明、真由子の初恋の相手、澤村諒一役に田辺誠一ら実力派俳優の面々が顔をそろえることも発表された。

さらに、大胆なポスタービジュアルも解禁。物語のイメージカラーでもあるミッドナイトブルーの世界に溺れる中山と竜星。25歳差の愛憎劇の行方をほうふつとさせる仕上がりになっている。

最終更新:7/18(月) 8:30

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。