ここから本文です

みんな大好きカレー味!スパイシーな肉じゃがはいかが

東京ウォーカー 7/18(月) 15:00配信

ご飯が進む肉じゃがは、いつでも食べたい人気のおかず。でも、夏に作るならカレー風味でスパイシーな肉じゃがに挑戦してみてはいかが? ゴロッと大きめのじゃがいもに、とり肉やトマトのうま味がしみ込み、さらにカレー風味で食欲も増す一品。とりには皮目に焼き目をつけてから煮ていくので、香ばしさも楽しめる。お弁当のおかずにもおすすめだ。

【写真を見る】ミニトマトは最後に加え、汁けがなくなるまで煮るのがポイント

【とりとトマトのカレー肉じゃが】(1人分454kcal、塩分1.4g)

<材料・2人分>とりもも肉大1枚(約300g)、 じゃがいも2個、ミニトマト12個、煮汁(カレー粉大さじ1/2・塩小さじ1/3・こしょう少々・水1と1/2カップ)、塩、こしょう、サラダ油

<作り方>(1)じゃがいもは4等分に切る。とり肉は大きめの一口大に切り、塩、こしょう各少々をもみ込む。(2)フライパンに油小さじ1を熱し、とり肉を皮目を下にして並べ入れ、1~2分焼いて焼き色がついたら上下を返す。さらに1~2分焼いて、焼き色がついたらじゃがいもを加え、炒め合わせて煮汁を加える。(3)オーブン用ペーパーで落としぶたをして約8分煮る。じゃがいもがやわらかくなったら、落としぶたをはずしてミニトマトを加え、汁けがほとんどなくなるまで上下を返しながら2~3分煮る。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:7/18(月) 15:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。