ここから本文です

身分の差と時期によって異なる古墳の種類

BEST TIMES 7/18(月) 11:00配信

■3世紀から7世紀までさまざまな形状が登場した

 古墳は、時代によって築造された、その形状が異なる。前方後円墳や前方後方墳は古墳時代の初期から見られ、後期にあたる6世紀まで築造されていた。また帆立貝(ほたてがい)式古墳は、前方後円墳の変形あるいは円墳の変形であるが、5世紀を中心に築造されたものであった。円墳と方墳は初期から古墳時代の終末期である飛鳥時代まで続くものである。ちなみに最も多い形は円墳であり、全国に20万基ともいわれる古墳のほとんどを占める。

 

 


 

 
 この他には、数が少ない特殊なものがいくつかあげられる。双方中円墳(そうほうちゅうえんふん)は前方後円墳の変形で、前方後円墳に方の段が取り付いたものであり、前期に見られたもの。一方、双円墳(そうえんふん)には後期の例がある。上円下方墳や八角形墳は時代が下った7世紀代に見られる形で、八角形墳は天皇陵と見られるものであった。

 また、墳丘に造出状の施設が取り付いていたり、段築(だんちく)、周濠、中島、堤(つつみ)などの施設があるものなど、そのヴァリエーションはさまざまであった。

 

 

 

 

 

 

CG:成瀬京司

最終更新:7/18(月) 11:00

BEST TIMES

記事提供社からのご案内(外部サイト)

BEST TIMES

KKベストセラーズ

笑える泣ける納得する!KKベストセラーズ
の編集者がつくる「BEST TIMES」
(ベストタイムズ)。ちょっとでも皆さんの感
情を揺さぶれたらいいな、と思います。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。