ここから本文です

欅坂46・佐藤詩織さん「仲間を疑うなんてやめて!」

BEST TIMES 7/18(月) 19:00配信

欅坂46初となる土曜ドラマ24『徳山大五郎を誰が殺したか?』(TV東京系)が7月16日(土)にスタートしましたが、もうチェックしましたか? STREETJACKでは21名のメンバー全員にインタビューを敢行!! 誌面では未掲載の撮り下ろしカットに加え、ドラマに対する意気込みや撮影中の出来事などを赤裸々に聴いてみた21日間の短期連載。どれも見逃し厳禁です! 

本日で8回目を迎える、欅坂46主演の土曜ドラマ24『徳山大五郎を誰が殺したか?』にまつわる21日連続インタビュー。
今回語ってくれるのは、欅坂46きっての芸術肌・現役美大生の佐藤詩織さんです! 絵が上手な彼女だからこそ、小道具にアレンジを加えたり、ちょっとお茶目なエピソードも♪

土曜ドラマ24
『徳山大五郎を誰が殺したか?』(TV東京系毎週土曜日深夜0:20~)

STORY

欅坂46扮する、私立欅学園3年C組の女子生徒たちが担任教師・徳山大五郎の遺体を教室で発見するところから始まる、秋元康氏企画・原作のミステリー&コメディ学園ドラマ。思わず担任の遺体を隠してしまったことから始まる奇妙な学園生活の中で、彼女たちの手で犯人探しが始まるが…? 

――まずはドラマ『徳山大五郎を誰が殺したか?』の中で、佐藤さんがどういうキャラか、クラスの中でどういうポジションかを教えてください。

佐藤 私の役柄は美術大学に進学することを目指している女子高生なんですけど、美大を志望するだけあってアーティスト気質。我が道をゆく芸術家タイプで、自分がふと思いついたことには熱く突っ込んでいく性格です。結構、生真面目なキャラな感じです。

――守屋グループ、菅井グループなどとクラス内にグループがありますが、佐藤さんはどのグループに近いですか? 

佐藤 我が道を行くので、どこにも属さない独立派ですね。

――先ほど、“熱く突っ込んでいく性格”とおっしゃっていましたが、劇中の佐藤さんはこの事件に関しても積極的に関わって行こうとしているのでしょうか。

佐藤 そうですね。クラスのみんながふざけながら犯人捜しをしていると、「ちょっとやめてよ!  仲間を疑うなんてやめて!」って仲裁に入ったりします。熱くて真面目な感じですね。

――佐藤さんが演じている役は、ご自身と性格が似ていると思いますか? 

佐藤 うーん…。「人が死んでる!」 って大事な場面で、誰か…例えば渡邉理佐が演じる役がクールなキャラなので、冗談交じりに怖いことを言うんですよ。そういうシーンで「そういうのやめて! そんなこと言ってる場合じゃないでしょ!」って。(グループのまとめ役に対しても)強気で注意できるところは、自分の性格に似ているかなって思います。

――なるほど。では次にクランクインしてみての感想を教えてください。

佐藤 (撮影に向けて演技の練習をする)ワークショップをやっていく中で、演技をすることの面白さに気が付きました。クランクインして撮影が始まった時はすごくドキドキしたけど、とっても楽しかったです。

――ドキドキしたのは緊張からですか? 

佐藤 普段あまり緊張しないのですごく緊張したから、ということはないんですが…。撮影中の現場の空気は張りつめていて、とても緊張感がありました。10秒くらいのシーンを撮るために、5つのアングルから撮ったりして、「ああ、撮影ってこうやって行なわれるんだな」って、とても勉強になりました。「(普段見ているドラマの裏側は)あーこんな感じなんだ」って。

――他に撮影現場で驚いたことはありますか? 

1/2ページ

最終更新:7/19(火) 9:51

BEST TIMES

記事提供社からのご案内(外部サイト)

BEST TIMES

KKベストセラーズ

笑える泣ける納得する!KKベストセラーズ
の編集者がつくる「BEST TIMES」
(ベストタイムズ)。ちょっとでも皆さんの感
情を揺さぶれたらいいな、と思います。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。