ここから本文です

ツール・ド・フランス第15ステージはIAMのパンタノが逃げ切って区間初優勝!

CYCLE SPORTS.jp 7/18(月) 9:16配信

区間2位のマイカが山岳賞を獲得

第103回ツール・ド・フランス(UCIワールドツアー)は、7月17日にブール・ガン・ブレスからキュロズまでの160kmで、ジュラ山脈での山岳区間となる第15ステージを競い、IAMサイクリングのハーリンソン・パンタノが逃げ切って区間初優勝し、今季で活動を終了するチームに初のツール区間優勝をもたらした。

パンタノはゴールまで残り8.5kmで先頭のラファウ・マイカ(ティンコフ)に追いつき、最後のゴール勝負を制して区間優勝した。マイカは区間優勝を逃したが、この日の逃げで山岳賞のマイヨ・アポワを取り戻している。

メイングループは3分7秒遅れでゴール。マイヨ・ジョーヌは英国のクリストファー・フルーム(スカイ)が守った。総合上位では、総合6位の米国のティージェイ・バンガーデレン(BMC)が最後の峠でメイングループから遅れてしまい、総合8位に後退している。

パンタノのコメント「夢が叶って、すごくうれしいよ。この勝利は妻と、病気でリタイアしなければならなかったチームキャプテンのマティアス・フランクに捧げる」


■第15ステージ結果[7月17日/ブール・ガン・ブレス~キュロズ/160km]
1 ハーリンソン・パンタノ(IAM/コロンビア)4時間24分49秒
2 ラファウ・マイカ(ティンコフ/ポーランド)
3 アレクシス・ビヤモーズ(AG2R・ラモンディアル/フランス)+6秒
4 セバスティアン・ライヒェンバッハ(FDJ/スイス)+6秒
5 ジュリアン・アラフィリップ(エティックス・クイックステップ/フランス)+22秒
6 セルジュ・パウエルス(ディメンションデータ/ベルギー)+25秒
7 ピエール・ロラン(キャノンデール・ドラパック/フランス)+25秒
8 イルヌール・ザカリン(カチューシャ/ロシア)+1分30秒
9 ダニエル・ナバロ(コフィディス/スペイン)+1分30秒
10 トムイェルテ・スラフテル(キャノンデール・ドラパック/オランダ)+2分8秒
14 クリストファー・フルーム(スカイ/英国)+3分07秒
30 ティージェイ・バンガーデレン(BMC/米国)+4分35秒
102 新城幸也(ランプレ・メリダ/日本)+22分40秒

■第15ステージまでの総合成績
1 クリストファー・フルーム(スカイ/英国)68時間14分36秒
2 バウケ・モレマ(トレック・セガフレード/オランダ)+1分47秒
3 アダム・イエーツ(オリカ・バイクエクスチェンジ/英国)+2分45秒
4 ナイロ・キンタナ(モビスター/コロンビア)+2分59秒
5 アレハンドロ・バルベルデ(モビスター/スペイン)+3分17秒
6 ロマン・バルデ(AG2R・ラモンディアル/フランス)+4分04秒
7 リッチー・ポート(BMC/オーストラリア)+4分27秒
8 ティージェイ・バンガーデレン(BMC/米国)+4分47秒
9 ダニエル・マーティン(エティックス・クイックステップ/アイルランド)+5分03秒
10 ファビオ・アルー(アスタナ/イタリア)+5分16秒
131 新城幸也(ランプレ・メリダ/日本)+2時間34分13秒

[各賞]
■ポイント賞(マイヨ・ベール):ペーテル・サガン(ティンコフ/スロバキア)
■山岳賞(マイヨ・アポワ):ラファウ・マイカ(ティンコフ/ポーランド)
■新人賞(マイヨ・ブラン):アダム・イエーツ(オリカ・バイクエクスチェンジ/英国)
■チーム成績(黄ゼッケン):モビスターチーム(スペイン)
■敢闘賞(赤ゼッケン):ラファウ・マイカ(ティンコフ/ポーランド)

最終更新:7/18(月) 9:16

CYCLE SPORTS.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CYCLE SPORTS 2017年1月号

株式会社八重洲出版

1月号
毎月20日発売

670円