ここから本文です

UEFA審判委員長、Cロナを負傷させたパイエに言及「偶発的で不幸なエピソード」

フットボールチャンネル 7/18(月) 0:10配信

 UEFA(欧州サッカー連盟)の審判委員長を務めるピエルルイジ・コッリーナ氏が、EURO2016決勝でディミトリ・パイエがクリスティアーノ・ロナウドに対して行ったタックルについて言及した。17日に英メディア『ESPN FC』が報じている。

【写真】UEFA、EURO2016のベストイレブン発表! 優勝チームから計4名選出

 EURO決勝でポルトガル代表はフランス代表と対戦。C・ロナウドはこの試合で先発出場したものの、25分にパイエのタックルを受けたことで負傷し、担架に乗せられてピッチを退いている。

 この場面についてコッリーナ氏は「パイエの行った行為はファールだった。イエローカードに価するなど議論する余地はあるだろう。ファールに関しては”偶発的”に起きた不幸なエピソードである。傷つけたくなかったと彼は思っているはずだ」と語り、意図的に行われたものではないとの見解を示している。

 結果的に、C・ロナウドはこの負傷によって約1ヶ月の離脱を余儀なくされており、UEFAスーパーカップに間に合うかは微妙となっている状況だ。

フットボールチャンネル

最終更新:7/18(月) 7:13

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

なぜ今? 首相主導の働き方改革